海外旅行をより楽しむためのヒント

オーストリアではこれを食べてみよう

オーストリアは、意外かもしれませんが、なかなか食の選択肢に溢れていて、食べたくなるような料理がたくさんあります。

旅をしている最中でも、食には事欠かないでしょう。ここでは、その中でもおすすめのオーストリア料理を紹介します。

ターフェルシュピッツ

どなたの口にも合いそうなターフェルシュピッツは、牛肉料理です。仔牛の肉を野菜・スープと一緒に茹でた食べ物です。

牛肉料理であるにもかかわらず、あっさりしています。それに、りんごと西洋わさびのソースをつけて食べたりします。ランチにもディナーにもおすすめです。

お値段は安いとはいえませんが、オーストリアに行ったら是非食べていただきたい一品です。

ヴィーナーシュニッツェル

ヴィーナーというのは、Wienerと書きますが、「ウィーンの」という意味です。これはミラノから伝わった料理で、お肉のカツレツのことです。仔牛肉で作るのが伝統的ではありますが、豚肉のヴィーナーシュニッツェルもよく見ます。

かなり大きいので、持ってこられたときにはとてもびっくりするかもしれません。とてもボリューミーでもあります。友達とシェアして、ビールと一緒にいただきましょう。

グラーシュ

グラーシュは、ハンガリー発祥のシチューのような料理ですが、オーストリアにもしっかり定着していて、日常的に食べられています。

日本でいうとビーフシチューのようです。使われるお肉は、牛肉だけではなく、鹿などを入れることもあります。

パプリカが大量に使われています。特に寒い日には食べたくなる一品です。

フリターテンズッペ

ズッペとはスープのことで、このスープはコンソメスープに麺のように刻まれたクレープ生地が入ったものです。パッと見、平たいパスタが入っているようにも見えます。

クレープ生地をスープに入れるというのは、不思議な感じがするかもしれませんが、違和感なく食べれます。オーストリア定番のスープです。

レバークヌーデルズッペ

もう1つスープ料理を紹介しておきましょう。こちらは、レバー団子のコンソメスープです。ドイツの料理として知られていますが、オーストリアでも普通に食べられます。

フリターテンズッペよりは、重い味わいで、食べるスープといった感じでしょうか。肉団子になっているためか、レバーが苦手だという人でも、食べやすいでしょう。

まとめ

オーストリア料理は、全体的に和食よりは重めです。胃が疲れたときには、日本食レストランに入るのもいいでしょう。

ちなみに、日本食レストランでは、日本では見ないような魚のお寿司があったりするので、話のネタに立ち寄ってみるのもいいかもしれません。

関連記事