海外旅行をより楽しむためのヒント

アート溢れる町バルセロナ

バルセロナの魅力はサグラダファミリアだけではありません。町の至る所にアートが溢れ、訪れる者を楽しませてくれます。

ビズベ通りとピカソの壁

バルセロナの中心街に位置するビズべ通りではショッピングも楽しめます。ファストファッションのお店から高級ブランドのブティックまで、幅広いジャンルの数々の店が軒を連ねています。

そんなファッション・ストリートを抜け、町の中心となっているエウラリア大聖堂に到着すると、すぐ東側横にノバ広場があります。この広場正面にはカタルーニャ建築協会本部があり、その建物前面にはピカソ作の大きな壁画が存在感を際立たせています。

この「ピカソの壁」に行くには、バルセロナの交通の拠点となっているバルセロナ・サント駅(Barcelona Sants)から

ローカル電車R1、R3、R4で乗車5分、Catalunyaで下車し、南東へ徒歩500メートル、メトロ3番線で乗車10分6駅、Liceuで下車し、北東へ徒歩500メートルで到着します。

おすすめレストラン「エルス・カトロ・ガッツ」

ショッピングと観光の合間には、「ピカソの壁」からさらに北へ300メートルほどの場所に位置するエルス・カトロ・ガッツ(Els 4 Gats)というレストランでの昼食がおすすめです。

この歴史あるレストランでは、リーズナブルな価格で本格的なカタルーニャ料理が堪能できます。

若き日のピカソはじめ、貧乏な芸術家たちのたまり場となっていたと言われるレストランですが、今では高級感さえ漂う、とても落ち着いた雰囲気のお店です。サービスのクオリティも高く、大満足のお食事がいただけること間違いなしです。

グエル公園

観光客にはサグラダファミリアに負けず劣らずの人気を誇るグエル公園も必見です。

天才・ガウディの発想力が凝縮された、カラフルなモザイクに彩られた曲線の美しいアートの集大成、光の取り入れ方など、ひとつひとつの細部までこだわり抜かれ作り上げられた、夢のような空間が広がっています。

さくらももこの旅エッセイでも紹介されて、日本での知名度がぐんと上がりました。

グエル公園へのアクセスは、メトロなら緑のL3、バスはH6、32、24、92番が利用できます。

入場料は大人7ユーロ、7歳から12歳の子供もしくは65歳以上が4.9ユーロです。

開園時間は1月1日から3月25日までと、10月29日から12月31日の期間は8:30から18:30まで、3月26日から4月30日までと、8月28日から10月28日までが8:00から20:30まで、5月1日から8月27日までが8:00から21:30までです。

いずれも、閉園時間の1時間前に入場が締め切られます。

関連記事