海外旅行をより楽しむためのヒント

美しい古都ベルガモ

ベルガモはイタリア北部ロンバルディア州に位置する美しい都市です。ベルガモ・アルタと呼ばれる旧市街地には、数々の歴史的価値のある建造物が密集しており、その美しい街並みはイタリア国内外からの観光客を魅了しています。

数々の観光スポットにも関わらず、他のイタリアの有名都市と比べると観光名所としての知名度は比較的低いため、ホテルの相場が安く予約がとりやすいことと、人混みが少ないのも魅力のひとつです。

以下に、ベルガモを訪れたら是非見学していただきたい、3つの教会をご紹介します。

バジリカ・サンタ・マリア・マッジョーレ(Basilica di Santa Maria Maggiore)

ケーブルカーでベルガモ・アルタに到着し、北へ500メートルほど歩くとバジリカが姿を現します。必見ポイントはその内部の装飾です。色鮮やかで絢爛豪華な内装、特に天井の芸術性には息を呑むものがあります。窓から差し込む太陽の光がアクセントになり、神秘的な雰囲気を盛り上げてくれます。

コッレオーニ礼拝堂(Cappella Colleoni)

バジリカのすぐ北隣に位置するコッレオーニ礼拝堂も必見です。その外観からすでに高い建築技術と芸術性をうかがい知ることができます。

月曜日には閉鎖されているので訪れる前に日程を確認しましょう。

大聖堂(Cattedrale di Bergamo e Battistero)

ベルガモの大聖堂はバジリカ、コッレオーニ礼拝堂とドゥオモ広場を挟んで向かい合って佇んでいます。バジリカとは対照的に、抑えられたトーンの、白と金を基調にデザインされたフェミニンな雰囲気漂う内装と美しい壁画・天井画の数々が印象的です。

オリオ・アル・セーリオ空港

ベルガモ市街地からバスで15分の便利な位置にあるオリオ・アル・セーリオ空港では、ライヤンエアーをはじめとした格安航空便が発着しており、ヨーロッパの空の玄関口となっています。ヨーロッパ各地へ激安価格でチケットが購入できるLCCが多数運航されています。

ひとつ注意したいのは、この空港は雪の多い地域に位置しているため、冬場には少なからず欠航便が出ます。雪の時期にこの空港を利用する場合には保険に加入するなど事前に対策をとることをおすすめします。

ベルガモ中心部と空港を繋ぐバスの他、ミラノ・マルペンサ空港、ミラノ・リナーテ空港、ミラノ中央駅との間を運行するバスも多く発着しているため、アクセスはとても良好です。

ベルガモ・エアポートバスは、ベルガモ中央駅-ベルガモ中心部-ケーブルカー駅-ベルガモ・アルタ-オリオ・アル・セリオ空港の間を毎日20分間隔で運行しています。チケットは片道2.3ユーロです。

ミラノ中央駅へのバスは、アウトストラダーレ(Autostradale)、オリオ・シャトル(Orio Schuttle)、テッラヴィジョン(Terravision)の3社がシャトルバスを運行しているので、本数も多く大変便利です。バス内では無料のWI-FIも利用できます。

関連記事