海外旅行をより楽しむためのヒント

ベルリンでクラシック音楽を楽しもう

ドイツ最大の都市ベルリンには、他の都市では考えられないほど多くの劇場が存在します。

演劇公演やバンド演奏などに使用されているホールも数多くありますが、ここで特筆したいのはベルリンで毎晩のようにクラシック音楽の公演が行われている歴史ある劇場です。

ベルリン・フィルハーモニー(Berliner Philharmoniker)

言わずと知れた、世界最高峰との呼び声も高いオーケストラです。ドイツのクラシック音楽の頂点とも言える存在で、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の生演奏を楽しむことだけを目的にベルリンを訪れる旅行客も多くいます。

9月から6月までのシーズン期間中は、ほぼ毎日様々な種類の演奏会が開かれています。人気の公演は複数回の公演日が設けられているため、チケットの購入もさほど困難ではありません。日程に余裕を持って事前予約すれば、世界最高峰の生演奏をリーズナブルな価格で堪能することができます。

公演内容はバロック音楽からコンテンポラリー音楽まで多岐に渡りますが、基本的に演奏会スタイルなので交響曲や協奏曲の演奏がメインになります。

注目すべきは演奏だけではなく、ホールの美しさも一見の価値ありです。モダン・アートのような内装に、一たび足を踏み入れれば魅了されること間違いなしです。

ベルリン・フィルハーモニーをちょっと変わった視点から楽しみたい方には、オーケストラの裏に設置されている席を試してみることをおすすめします。主に音楽を勉強する学生などに好まれる席で、すぐ目の前にオーケストラ団員の演奏する背中が見られ、指揮者のキューがダイレクトに視界に飛び込んできます。チケットも20ユーロ弱で購入できるため、一度試してみる価値があります。日本ではめったにできないような貴重な体験になるでしょう。

ベルリン・フィルハーモニー公式ホームページ

https://www.berliner-philharmoniker.de/

ベルリン国立オペラ座(Deutsche Oper Berlin)

本場ドイツでオペラ観賞デビューをしてみるのもいいですよね。オペラというと敷居が高いと思っている人も多いかと思いますが、ヨーロッパではチケットも安値で購入できますし、ジーンズ姿でフラッと観賞に来る若者もいます。録音で耳にするのと生演奏とでは全く別物なので、「クラシック音楽はちょっと…」と犬猿せずに、一度本場で試していただきたいと思います。

ベルリン国立オペラ座では、ベルリン・フィルハーモニー同様、9月から6月のシーズン中はほぼ毎日オペラ公演が行われています。3,4種類のオペラ公演が日替わりで楽しめるので、連日通うことも可能です。公演数の多さゆえに、チケットがソールドアウトしてしまうのは公演初日くらいで、その他の日程のチケットは簡単にオンライン予約ができます。

ベルリン国立オペラ座公式ホームページ

https://www.deutscheoperberlin.de/

関連記事