海外旅行をより楽しむためのヒント

チェコ料理ってどんなもの?

チェコといえばチェコビールが有名ですが、チェコ料理は、そんなチェコビールにぴったりのものが数多くあります。

ここでは、チェコ旅行に行った時に絶対食べておきたいチェコ料理をご紹介します。

クネードリキ

クネードリキとかチェコ料理においての主食で、丸い茹でパンといったところでしょうか。よく他の料理の付け合わせのようにスライスされたクネードリキがお皿に乗っているので、食べようと思わなくても、食べることになります。

料理のソースなどに絡めて食べるものです。チェコ以外ではなかなかお目にかかれないので、ぜひ食べておきましょう。

グラーシュ

グラーシュとは、スープ煮込み的な料理のことです。ハンガリーのグヤーシュと同じようなものですが、チェコでは牛肉がメインになります。

日本でいうとビーフシチューに似たようなものですが、牛肉は固まり肉がドカンと入っています。

思いの外ビールに合います。チェコビールに合わせてどうぞ。

ポークカツレツ

チェコだけではなく、オーストリアでも大人気のポークカツレツ。薄く叩き伸ばした豚肉に衣をつけて挙げたものです。味は塩味がついていて、カリッとしています。

こちらもチェコビールにとてもよく合う料理の1つ。日本のとんかつとは似て非なるものです。ぜひ食べておきましょう。

スヴィチコヴァー

これぞチェコ料理!というほどメジャーなチェコ料理で、野菜を煮込んだスープをオーブンで焼いた牛肉にかけた料理です。

それにクネードリキとクランベリーソースも盛られています。

見た目よりもずっとあっさりしていて、とても美味しく、スープとクネードリキもよく合います。

チェコに行ったらこれを食べずには帰れません。

ペチェナカフナ(ローストダック)

鴨肉をハーブなどでローストしたもので、こちらも定番の料理です。

ビールとの相性もよく、とてもジューシーで、鴨肉を食べたことがないという人でも美味しく食べれるでしょう。

クネードリキやザワークラウト(ドイツで有名なキャベツの酢漬け)が付け合わせになっていることが多いようです。この2つがとても鴨肉によく合うので、合わせて食べてみましょう。

まとめ

チェコは内陸国なので、肉料理が多く、重たく感じる人もいるかもしれません。

ザワークラウトやビールでその重さをさっぱりさせながら、美味しいチェコ料理を楽しんでください。

たまには、サンドイッチやパンだけで終わらせたり、日本食レストランなどに行って、胃を休めるといいでしょう。

関連記事