海外旅行をより楽しむためのヒント

フィンランドの物価と節約旅の方法

海外旅行をするときに気になるのは、現地の物価ではないでしょうか。高いと知られている北欧の物価ですが、フィンランドはどうなのでしょう。

ここでは、フィンランドの物価についてご紹介していきます。

フィンランドの物価は高い?

「北欧の物価は高い」という噂どおり、フィンランドの物価も高めではあります。日本よりも物価が高いと感じることも多いでしょう。すべてのものに、消費税が24%かかっているというのも、物価が高くなってしまう一因です。

しかし、フィンランド人の収入は日本人と比べて多いというわけではなく、社会福祉が充実しているため、消費活動など以外でお金を使うことがほとんどなく、物価の高さで生活が困っているという人は少ないようです。

宿泊費について

特にいつも安宿などに泊って旅費を浮かしているという人には、フィンランドは頭がいたい国かもしれません。ドミトリー(相部屋)でも、1泊2000円台後半から始まります。個室だと、6000円くらいからになります。

普段ドミトリーには泊まらないという人でも、ドミトリー滞在を考えたくなるような値段ですよね。

どんなところに止まったとしても、北欧デザインの雰囲気を楽しめるのは、フィンランドのホテルの長所といえます。

外食費について

外食費も残念ながら高くついてしまいます。ランチで1000円未満ですむということはあまりないでしょう。2000円くらいはかかるものと心得ましょう。マクドナルドなどでも、1000円弱かかります。

ディナーでは、その1.5倍から2倍くらい覚悟しておきましょう。お酒を飲む場合は、もっとします。

節約の方法

物価の高いフィンランドですが、旅行中の費用を節約する方法はいくらでもあります。

ひとつは、水筒を持っていくということです。フィンランドでは、水道水を安心して飲むことができます。そのため、水筒にお水を入れて持ち歩けば、水を買う必要はありません。

交通費も高くつくフィンランドですが、天候の良い時期なら、歩いてしまいましょう。学生の方なら、国際学生証を持っていれば割引されることがあります。

滞在中の食費をおさえたいなら、朝食付きのホテルにしたり、一食はスーパーなどで買うなどといった工夫をしましょう。スーパーで買えるサンドイッチなども日本に比べると高めです。

フィンランド料理は、重ためではあるので、ランチでたくさん食べて、夜はパンなどで軽くすませるというのもありです。

お酒やタバコはびっくりするほど高いので、お酒は飲まないようにして、タバコも許される程度は日本から持っていくといいでしょう。

工夫次第で、旅費を安くすることは可能ですが、フィンランド旅行には他の国への旅行よりもお金が必要だということを心得ておきましょう。

関連記事