海外旅行をより楽しむためのヒント

フィンランド料理ってまずいって本当?

フィンランド料理について、強いイメージを持っている人は少ないかもしれません。一般的にはフィンランド料理はまずいとよく言われるのですが、実際のところはどうなのでしょうか。旅行中は現地の食べ物も楽しみたいのに、それが美味しくないとなると、楽しみも減ってしまうでしょう。

ここでは、フィンランド料理について検証してみましょう。

フィンランド料理は本当にまずいのか

フィンランドに限らず、北欧料理はおいしくないことで旅人の間で知られています。

ですが、フィンランドは自然に恵まれ、食材が豊富な国です。海もありますから、新鮮な魚介類がとれますし、狩猟文化のため、鹿やトナカイなど日本ではあまりなじみのない動物の肉も食べられます。

穀物は、ムギ類を多く使ったパンやオートミールなどが食べられています。

確かに口に合わない料理もあるかもしれませんが、ここでは、日本人の口にあいやすいフィンランド料理をご紹介します。

トナカイシチュー

日本では食べられないトナカイですが、フィンランドでは全域に渡って食べられています。

トナカイ料理は、他にステーキもありますが、シチューの方が初心者には食べやすいかもしれません。マッシュポテトや、ベリーソースと一緒に食べるのが主流です。

お肉にベリーソース?と思うかもしれませんが、これがなかなかとても合っていて、美味しいのです。

リハプッラ

フィンランドのミートボール料理です。味に癖がないですから、日本人でも食べやすいはず。

ミートボールにホワイトソースをかけ、マッシュポテトとピクルスなどを付け合わせにして食べます。ミートボールは北欧ではよく食べられる料理です。

ニシンの酢漬け

揚げたニシンを、玉ねぎなどの野菜と酢漬けにした料理です。日本の南蛮漬けにとてもよく似ているので、南蛮漬けが好きだという人は、口に合うでしょう。

重たい料理が多い中、このさっぱりとした日本食にも似ている料理は、フィンランド旅行中の癒しにもなるかもしれません。

フィンランドチーズ(レイパユースト)

スーパーなどでも手軽に手に入るレイパユーストは、焼きチーズです。

食感はもちもちしていて、フィンランドでは朝食でよく食べられています。ジャムなどをのせてデザート感覚で食べるのもおすすめです。

サーモンのミルクスープ(ロヒケイット)

北欧のサーモンはとても美味しいのですが、そのサーモンを使ったミルクスープです。

バターもしっかり使ってあるので、とてもクリーミー。サーモンのほか、じゃがいもや様々な野菜を入れて煮込みます。ちょっと北海道のちゃんちゃん焼きに味の雰囲気が似ているかもしれません。これを聞いただけでも、美味しそうだとは思いませんか。

関連記事