海外旅行をより楽しむためのヒント

海外旅行でおこる下痢の原因は?

12月から1月の下旬にかけて旅行へ行く方は増えると言われていますが、皆さんはどのように過ごす予定でしょうか?

近場でまったりという方もいると思いますが、中には思い切って海外旅行へ行く方も決して少なくは無いと思います。

そこで今回は、この「海外旅行」によって起こる健康問題・・

「下痢」について話をしていきます!

海外旅行で下痢が発生する理由とは

海外旅行を経験した人の悩みで上位に入る下痢ですが、一体何故起こるのでしょうか?

詳しくみていきましょう。

スポンサーリンク

原因①:油

数年前に日本では問題となりましたが、海外では処理されるはずの油、通称「廃油」をそのままコスト削減で使用するところが多いようです。

日本であれば、こういったことは問題となりますが、やはり文化の違いからか国によっては「保存や品質に対する価値観」にズレが生じているためこういった油も使っているようですね。

主に、屋台や外食店で起こるので前調査などをしっかりと行った上でお店は回るようにする必要がありそうです。

原因②:水

こちらは有名だと思います。

日本は、水道水が飲める安全な国としても有名ですが、海外の国の多くは食用水を購入しなければなりません。

ですので、このことを知らずに水道水の水を飲んでしまうと体内に細菌を自ら摂りいれてしまうことになるので、下痢になってしまうということなのです!

スポンサーリンク

原因③:精神的負荷

どのような環境でも問題なく過ごせるという方はいますが、多くの方は環境が変わると体調が不安定になるはずです、

その中でも海外旅行は、断トツで精神的な負荷を受けやすく体調を崩しやすいと言われています。

実感が湧かない方もいるかもしれないので、一通り海外旅行によって受けるストレスをまとめてみました。ご覧ください。

  • 言葉が通じないストレス
  • 道が分からないストレス
  • マナーや文化などの違いで感じるストレス
  • 疲労によるストレス など

他にもいろいろとあると思いますが、国内とは違って“分からない”というストレスが多いようです。

もちろん、その体験を楽しむ気持ちがあればその場ではストレスが溜まらないかもしれませんが、気持ちが昂って楽しめば楽しむほど疲労も跳ね返ってくるので注意が必要です。

このような状態が数時間続くだけでも、人間の体は免疫力を大きく下げてしまうので、多少の細菌による攻撃でも体調を崩しやすくなり、下痢を起こす人が多いようです。

 

いかがでしたか?

海外旅行は、何と言っても下調べが大切です!

面倒と感じてしまう方も多いかもしれませんが、自分の健康を守るためには必要な行動なので、出来るだけ詳しく調べて旅行へいくようにしましょうね!

関連記事