海外旅行をより楽しむためのヒント

ハノイで食べたいハノイ名物料理

美味しいと評判のベトナム料理ですが、ハノイの料理はみなさんが知るベトナム料理とはまたちょっと違った趣があるかもしれません。とはいえ、どれもとても美味しいというのはハノイ料理にも共通して言えること。

ここでは、そんなハノイ料理をご紹介していきます。

チャーカーラヴォン

ハノイの名物料理といえば、この鍋料理「チャーカーラヴォン」でしょう。

チャーカーラヴォンを出すお店では、卓上のコンロの上に置かれた鍋で、下味のついた白身魚と野菜を店員さんが調理をしてくれます。

鍋の中にたくさん油が入っているので、抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、こってりした料理ではありません。

ブン(米麺)、ねぎ、香草、ピーナッツ、ヌクマムが添えられます。器にブンを入れ、その上から調理された魚と野菜を入れ、お好みの生野菜・香草を乗せたら、ピーナッツを入れてヌクマムをかけて混ぜて食べます。

柔らかい白身魚が好きだという人にはたまらない一品です。

ブンチャー

これぞハノイ名物!といった麺料理。ブンチャーのブンとは米麺のことです。

ブン、肉、スープ、野菜を自分用の器に好みに合わせてのせて食べる料理。食べ方はチャーカーラヴォンにも似ています。ベトナムではこの食べ方をする料理が多いようです。

スープの甘めの出汁がブンにからんでとても美味しくいただけます。

フォー・ボー

フォーはベトナム全土で食べられるものですが、ハノイではん、フォー・ボーという牛肉のフォーが主流になっているようです。

ハノイ風のフォーを出すお店で、ホーチミンのフォーとの違いを感じるのもおすすめです。

フォー・クオン

フォー・クオンは、切る前の生のフォー生地に具材を巻いた、見た目は生春巻きのような食べ物です。食べ方も生春巻きと一緒で、違うのは、生地がライスペーパーではなくフォー生地だということくらいでしょう。

ハノイに行ったらぜひ食べておきたい一品です。

ブンタウマントム

ハノイの朝ごはんの定番といえば、このブンダウマムトム。こちらも「ブン」と名前に入っているとおり、米麺の上に揚げた豆腐や野菜をのせ、マムトムというエビを発酵させたタレをつけて食べるもの。朝ごはんというだけあって、意外とあっさりしています。

バイントム

最後はハノイっ子の定番のおつまみ、バイントムです。エビをサツマイモと揚げたもので、そのまま食べても美味しいですし、香草やたれにつけて食べても美味しくいただけます。

お腹が空いた時のおやつがわりにどうぞ。

関連記事