海外旅行をより楽しむためのヒント

ホーチミンで食べたいベトナム料理

ベトナム料理が美味しいということは、みなさん聞いたことがあるのではないでしょうか。ベトナムは南北にまたがる縦長の国で、地域によってベトナム料理にも種類があります。もちろん、北部にも南部にもある料理もあるのですが、その味わいが違うようです。

ここでは、ホーチミンで食べておきたいベトナム料理をご紹介します。

バン・セオ

「ベトナム風お好み焼き」と呼ばれることもあるバン・セオは中部・南部料理です。ホーチミンには、バン・セオの有名店がちらほらあり、入るとこに迷ってしまうかもしれません。

バン・セオには具の種類がいろいろあるのですが、その中でもおすすめはヤングココナッツを具材に使ったメコンデルタ風バン・セオと呼ばれるものです。

日本ではなかなか味わえないヤングココナッツのシャクシャクするような食感が、とても美味しく、珍しい味わいです。

ベトナムで食べるバン・セオは、日本のベトナム料理店で食べるのとは、またちょっと違った味をしています。

チャー・ヨー

チャー・ヨーとは、揚げ春巻き料理のことです。揚げ春巻きと野菜、そしてブンという細い米麺がセットで出てきます。このブンは、ベトナムのいたるところでみかける食材で、米に並ぶ主食のような存在です。

レタスにブンを乗せ、その上に揚げ春巻きを乗せて巻いたら、タレにつけて食べるという風にします。

もしくは、ブン、揚げ春巻き、野菜を器に入れて、タレをかけて食べると言う和え麺風の食べ方も地元の人はしています。この和え麺風の食べ方は、相当メジャーな食べ方で、いろんな食材でされています。

ブン・ディット・ヌーン

焼き豚肉の和え麺といったところでしょうか。米麺ブンの上に焼いた豚肉を乗せ、ピーナッツとヌックマムのタレをかけて混ぜて食べます。揚げ春巻きが載っていることも。

香ばしく焼かれた豚肉と麺がヌックマムと絡んで、とても美味しいB級グルメ。

レストランでも食べられますが、屋台もあります。

フォー

もちろんホーチミンにもベトナム料理で一番有名なフォーがあります。北部と南部ではフォーもちょっと違うのですが、旅行者の目からすると、どれが南部でどれが北部なのかわからないかもしれません。

ガイドブックや地元の人からの情報を元に、南部っぽいフォーを探してみましょう。南部では、薄味のフォーにあれこれ入れて、自分流の味付けにするというタイプのものが多いようです。

まとめ

ホーチミンでは、これ以外にもさまざまな美味しい料理を食べることができます。限られた旅程の中で、効率良くいろんな料理が食べれるように、プランニングをしてみましょう。

関連記事