海外旅行をより楽しむためのヒント

ハンガリーは隠れたグルメ天国

みなさんはハンガリーにどんなイメージを持っているでしょうか。中欧周遊によく組み込まれているハンガリーですが、あまり強い印象はないかもしれません。

そんなハンガリーですが、旅人を喜ばせるグルメ天国だったりします。ここではそんなハンガリーで食べておきたい料理をご紹介します。

グヤーシュ

チェコやオーストリアなどでも食べられているグヤーシュは、元々ハンガリーが発祥です。牛肉とじゃがいも、野菜を煮込み、スパイスパプリカを使って赤い色にされています。

ハンガリーでは定番中の定番料理で、地元のレストランなら、どこにでもあるでしょう。

シチューのような料理で、観光客向けには前菜として出されることもありますが、十分メインをはれるほど、しっかりした料理です。

ハラースレー

ハラースレーもスープ煮込みの料理です。グヤーシュに見た目が似ていますが、こちらは魚のスープです。ハンガリーは内陸国で海がないので、鯉がよく使われます。

グヤーシュよりはあっさりした味わいで、こちらもとても美味しく、ひとり旅でも数種類の料理を食べたい時には、これと前菜というように頼むのに向いています。

フォアグラ

ヨーロッパではよく知られていますが、フォアグラは実はハンガリーでフランスよりも安く手に入るため、フォアグラを食べるためにヨーロッパからの観光客がハンガリーにはよく訪れます。

前菜で出ることもありますし、ステーキなどに添えられていることも。

ちなみに、フォアグラの缶詰がスーパーなどで売られていたりもします。

プルクルト

プルクルトとは、玉ねぎと肉の炒め物です。玉ねぎを炒め、スパイスパプリカを入れて、その後肉を一緒に炒めます。

家庭料理の定番で、スパイスパプリカさえあればどこでも作れるので、スパイスパプリカをお土産にして家で作ってみてもいいかもしれません。

パプリカの肉詰め

日本ではピーマンの肉詰めをしますが、そういった雰囲気でハンガリーではパプリカに肉詰めをします。

豚ひき肉と米を詰めて、トマトソースで煮込まれる定番の家庭料理です。これなら、日本でも作れそうですね。

パプリカーシュ・チルケ

パプリカーシュ・チルケとは、チキンのパプリカ煮込みです。このようにハンガリーでは、本当によくパプリカが使われています。

鶏の骨つきモモ肉を豪快にそのまま煮込みます。煮込み時間が長いので、鶏肉がほろほろに崩れ、柔らかくなっています。仕上げに、サワークリームを乗せて食べるのが特徴です。

関連記事