海外旅行をより楽しむためのヒント

格安旅行!1人旅なら個室とドミトリーはどっちが良い?

友達や家族と旅行するときは、ドミトリーに泊まるよりもダブルルームやファミリールームに泊まった方が安くなったり、値段が変わらなかったりしますが、ひとり旅だと断然ドミトリーの方が安いですよね。

予算が限られている旅行では、ドミトリーを選びたくなるかもしれませんが、ドミトリーは相部屋なので何かとストレスもあるでしょう。ここでは、1人旅のときにドミトリーを選ぶべき場合、個室を選ぶべき場合をご紹介していきます。

物価の安い国なら個室が断然おすすめ

東南アジアや中米などの物価の安い国では、ドミトリーの値段は1泊500円程度ということもあります。本当にかなり節約をしなければならないような旅行でない限り、もう少しは払えますよね。

こういった物価が安い国では、1泊2000円位で日本の綺麗なビジネスホテル位のホテルに泊まることができます。これは、都市部の中でも比較的便利な立地の場合のことで、少し郊外に出たり、田舎の方だと1000円程度に下がります。

物価の安い国のほとんどの国では、日本人はお腹を壊したり、体調を崩しやすかったりします。とても旅慣れしていて、海外でも環境に適応できるという人でもない限りは、個室をとってゆっくり休めた方がいいでしょう。お腹を壊した時にも専用バスルームの方が安心です。

例え、国内旅行では何度もドミトリーで予約したことがある人でも、海外慣れしていないなら、安めの個室をおすすめします。

北アメリカやヨーロッパではドミトリーも◎

北アメリカやヨーロッパは物価が高い国が多く、1人旅で個室にすると、日本と同様1泊5000円位が底値になります。これが底値なので、国や地域によっては、この値段ではかなりボロボロのホテルだったりということも。それなりに快適な環境を求めるには、1泊1万円弱必要な地域もあり、「格安旅行」ということを考えると、あまり向いていません。

ですが、意外とドミトリーだと、それなりに清潔にしてあって、部屋もおしゃれだったりします。値段は大体2000円位からになるでしょう。長期の旅行だと、その位の値段でおさまるとありがたいのではないでしょうか。

例えば、旅程が10日以上というような、比較的長めの旅行の場合は、途中で1泊個室に泊まる日を作ったり、そこまで物価が高くない国なら、ほとんど寝るしかホテルにいないような日はドミトリー、少しホテルにいそうな日は個室・・・というように使い分けてもいいでしょう。

旅程と予算と物価で判断しよう

このように、個室にするべきか、ドミトリーにするべきかは、それぞれの旅程・予算・物価によって異なります。ドミトリーだと、共用バスルームですから衛生面が気になるかもしれませんが、意外とマナーの悪い人というのは少ないものですから、そこまで気になるほど汚れていることは稀です。

物価の安い国だと、1泊2000円出せば、かなり綺麗なホテルに泊まれるようなこともありますから、そういう国で快適な旅を楽しむのもいいかもしれません。

関連記事