海外旅行をより楽しむためのヒント

活気に満ちたマドリード

スペインの首都マドリードは、スペイン文化および経済の中心です。町中に溢れる数々の観光スポットの人気から、一年を通して旅行客で賑わう活気に満ちた町です。ここではマドリードおすすめ情報を紹介します。

マドリード王宮

数ある観光スポットの中でも絶対に外せないのはマドリード王宮です。広大な敷地に雄々しく建つその姿は、威厳に溢れています。美しいカンポ・デル・モロ庭園(Jardines del Campo del Moro)と王宮内の絢爛豪華な部屋や骨董品の数々は必見です。

毎日10:00から18:00まで内部の見学が可能です。公共交通機関を利用する場合にはPríncipe Pio駅もしくはOperaで下車すると、王宮までは5分から10分の徒歩圏内です。

フラメンコを観賞

スペインの伝統的舞踏として世界中で有名になったフラメンコ。せっかくスペインを訪れるならば一度は本場のフラメンコを堪能したいですよね。マドリードには、お食事やお酒を楽しみながら、迫力あるフラメンコのパフォーマンスを楽しめるお店が数多くあります。

以下、2つの有名店の詳細です。

Cardamomo Tablao Flamenco

営業時間は毎日9:00から23:30
住所:Calle Echegaray, 15, 28014 Madrid

Corral de la Morería Restaurant

夜のみの営業で、毎日18:00から0:00
住所:Calle de la Moreria, 17, 28005 Madrid

有名美術館の数々

マドリードには、数多くの有名美術館が点在しています。中でもプラド美術館はスペイン最高の美術館との呼び声も高く、その展示品の膨大さゆえに一度の訪問では回り切れないほどです。事前に観たい作品を絞って順路と時間配分などの見積もりをし、計画的に鑑賞する必要があります。

その他にもティッセン・ ボルネミッサ美術館、ソローリャ美術館、ソフィア王妃芸術センターなどが観光客の人気を博しています。

アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港のアクセス

全てのターミナルで、マドリード中心部に位置するNuevos Ministerios駅と空港を結ぶ地下鉄8番ラインが発着しています。この路線は2017年1月26日から4月18日まで、改修工事のため閉鎖されているのでご注意ください。

ターミナルT4とマドリード市内の主要駅を電車が結んでいます。主要停車駅はChamartin、 Nuevos Ministerios、 Atocha、 Principe Píoです。

片道2.6ユーロ、往復5.2ユーロです。

運行時間は通常、空港行きが6:02から23 :33、Principe Pío行きが5 :58から22:27で、30分おきに運行しています。

メトロの改修工事期間中は15分から20分間隔で運行されています。空港とPrincipe Píoの間は38分の乗車時間になります。

マドリード中心部への移動には、シティバスの利用も便利です。ターミナルT1、T2、T3、T4から乗車が可能です。

料金は片道1.5ユーロで、チケットはバス乗車時に直接運転手から購入可能です。

関連記事