海外旅行をより楽しむためのヒント

チンクエ・テッレの中心モンテロッソ

チンクエ・テッレはイタリアの北西部、リグーリア海沿岸に点在する小さな町の総称です。日本のテレビなどで取り上げられる機会も多いため、名前だけは聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

ユネスコ世界文化遺産にも登録されているチンクエ・テッレの魅力は、その美しい海と、断崖絶壁の上に密集して建つカラフルな家屋が織りなす美しいパノラマです。

同じくマリン・リゾートとしてイタリア人から人気の高い南イタリアと比べて、海外からのアクセスが容易なことも観光客から人気が高い理由です。

ここでは、チンクエ・テッレ北端に位置するモンテロッソを拠点として回る場合の、チンクエ・テッレの楽しみ方をご紹介します。

スポンサーリンク

チンクエ・テッレを船で堪能

モンテロッソの港から船に乗って、気軽にチンクエ・テッレを巡ることができます。船を運航しているのはコンソルツィオ・マリッティモ・トゥーリスティコ(Consorzio Marittimo Turistico)という会社で、4月1日から10月1日までのハイ・シーズンに利用が可能です。

モンテロッソを出発し、ヴェルナッツァ、マナローラ、リオマッジョーレに停まります。それぞれの港で降りて散策や海水浴を楽しむのも良し、行きたい町だけに焦点を絞って滞在するもよし、自由にプランを組むことができます。

チケットには1日乗り放題のタイプと1回使い切りのタイプがありますが、移動のみではなく観光目的ならば1日乗り放題が断然お得です。

チンクエ・テッレを巡る1日乗車券は午前中の出発だと大人33ユーロ、午後の出発ならば25ユーロです。

ポルト・ヴェネレ

チンクエ・テッレには含まれていないのですが、ポルト・ヴェネレもまたとても美しい海の町で、チンクエ・テッレのすぐ南東隣に位置しているので押さえておきたいスポットです。こちらもモンテロッソから船で行けます。

埠頭に発つ石造りの古城はどこから見ても絵になります。古城の裏手へ回ると、無料で海水浴を楽しめるポイントがあります。砂のビーチはなく、岩肌の上に寝そべって日焼けを楽しむ人々の姿が見られます。

旧市街の街並みもとてもかわいらしく、狭い小道の数々には小さなお店が軒を連ねています。お土産を探しながら散策を楽しみましょう。

スポンサーリンク

ミラノからのアクセス

ミラノからモンテロッソへの移動には、イタリア国鉄トレニタリア(Trenitalia)が便利です。ハイシーズンは車での移動は渋滞のリスクが高いためおすすめできません。

ミラノ中央駅からモンテロッソ方面への電車は1時間に1本ないし2本出ています。乗り換えなしの場合、2時間55分の乗車になります。

鈍行を乗り継ぐか、高速の直通電車を利用するかによって値段も所要時間も変わってきます。早めにトレニタリアのホームページでチケットを予約すると、高速電車でも早割の安いチケットを購入することができます。

トレニタリア公式ホームページ

http://www.trenitalia.com/

関連記事