海外旅行をより楽しむためのヒント

モロッコ旅行のときのマナーに関する注意点

モロッコはイスラム教の国なので、モロッコ人たちはイスラム教のルールに従って生活をしています。しかし、モロッコには観光客が非常に多いので、観光客に対しては比較的寛容な国でもあります。

とは言え、お邪魔させていただく身ですから、最低限のマナーは守りたいものです。ここでは、モロッコに旅行するときに気をつけなければならないことをお話ししていきます。

服装について

モロッコに行ってみると、モロッコ人は民族衣装を着ていたり、カジュアルなものを着ていたりと様々です。

しかし、女性については、イスラム教でよく見るヒジャブと呼ばれるスカーフをきちんと被り、例えカジュアルであっても、体のラインを強調したり、肌を露出するような服装はしていません。

都市部では、ヨーロッパ人のような格好をしている女性もいますが、非常に稀ですし、やはり露出度は高いわけではありません。

旅行をするときには、特に都市部では、日本にいるときと同じような格好をしていても、トラブルになることはあまりありません。しかし、モロッコはイスラム教の国であるということを意識するようにしましょう。

例えば、半袖のTシャツくらいは問題ありませんが、ショートパンツやミニスカートはNGです。膝丈くらいのスカートならギリギリOKといったところでしょうか。

旅行者は、スカーフをかぶる必要はありません。無難なのは、男女ともに体のラインが出過ぎない長袖のシャツに、ロングパンツでしょう。生地は透けていなければ、どんなものでも構いません。

旅行をしていると、ノースリーブを着ているヨーロッパ人に出会うかもしれませんが、真似をしないようにしてください。

挨拶はしっかりと

モロッコ人はとても人懐こく、あまり知らない人同士でも当たり前のように話をします。お店などで挨拶をするのは当然のことです。

例え買う気がなかったとしても、店員さんから挨拶をされたら、ちゃんと挨拶を返しましょう。それができないと、かなり感じが悪く見えます。嫌なことははっきりと嫌だと言って大丈夫なので、会話も楽しむといいでしょう。

アラビア語の「こんにちは」にあたる、「サラム・アレイクム」という言葉をすらすら言えるようになっておくと、とても便利です。

飲酒について

イスラム教では飲酒は禁止されていますが、モロッコという国は特に飲酒禁止ではありません。18歳以上であればお酒を飲んでも構いません。フランス人が多く住んでいるためか、スーパーにも売ってあります。

しかし、イスラム教の国ですから、大っぴらに飲んでいる人を見かけることはありません。あったとすれば、外国人向けのレストランの中などです。

ですから、モロッコでお酒が飲みたくなった時には、外国人向けのレストランへ行くか、スーパーなどで買って、宿の中でこっそり楽しみましょう。

ラマダンの時期の注意点

普段は旅行者に対しても、また自分たちに対しても寛容なモロッコも、ラマダンの時期にはイスラム教のルールに従って、節度を持って行動しています。

旅行者もそれに従い、気を使うべきです。断食をする必要はありませんが、日中、モロッコ人たちの前で堂々と飲食をするのは、なるべく控えたいものです。

また、服装などについても、ラマダンの時期に関しては、極力肌の露出を控えましょう。スカーフは不要ですが、腕も足も隠しておいた方が無難です。

関連記事