海外旅行をより楽しむためのヒント

ハノイから行けるおすすめ観光スポット

ハノイはハノイ自体も魅力的な街ですが、ここを拠点に他の観光スポットまで行くのにも便利な場所です。

ハノイに滞在しながら、ベトナム北部の世界遺産を制覇するというのもありでしょう。

ここでは、ハノイから行ける世界遺産やおすすめのスポットをご紹介します。

ハロン湾

ハノイから行く世界遺産といえば、ハロン湾でしょう。日帰りもできますが、1泊ハロン湾付近に泊まると余裕をもった観光ができます。

ハロン湾は天気が悪くても独特の雰囲気があり、ベトナムに行ったのにハロン湾クルーズをしないなんてもったいないと言う人もいるくらいです。

ハノイでは、ハロン湾行きのツアーがたくさんあります。日本の旅行会社でオプショナルツアーとして申し込むと結構高いので、現地の旅行会社で申し込むのがおすすめです。

船の上で宿泊できるようなツアーもあります。船の中で食事もできます。ハロン湾を漂いながら、時々洞窟によるようなツアーになっているので、退屈はしないでしょう。

チャンアンの景観複合体

陸のハロン湾と言われることもある、チャンアンは比較的最近登録された新しい世界遺産です。そのためか、まだあまり知名度が高いとは言えません。ベトナムのニンビンというところにあります。

ハロン湾に似たタワーカルストがあったり、洞窟が点在しているカルスト台地です。

複合遺産ですから、いくつかのエリアがあるのですが、チャンアンとタムコックあたりが定番でしょう。ハロン湾よりは小規模なクルーズができます。

ベトナム内ではとてもメジャーな存在で、ハノイからのツアーがたくさんあります。もちろん日帰りで行くこともできます。

世界遺産チャンアンへのツアーは、その近くにあるホアルーという古都もセットにされているものが多く、チャンアン+ホアルー、もしくはタムコック+ホアルーというルートが多いようです。

サパ

サパはハノイからバスで5時間もかかるところにあるので、日帰りではなく最低1泊は必要な場所です。北部の避暑地で知る人ぞ知るという感じですが、多くの観光客がサパの美しい棚田を見るために足を運んでいます。

交通量が多く空気が排気ガスでいっぱいのベトナムの都会に疲れたという人は、サパに行くとその空気の綺麗さとのんびりとした感じに魅力を感じるでしょう。

サパはフランス人が避暑地として開発したエリアなので、建物の感じはコロニアルな感じがして、その雰囲気も面白いでしょう。ハノイから時間をかけて行く価値のある観光スポットです。

関連記事