海外旅行をより楽しむためのヒント

海外旅行をするときにおすすめの航空会社 アジア系編

海外旅行をするときには、どの飛行機に乗るかということで悩む人もいるのではないでしょうか。

予算や快適さなどのバランスを考えると、乗ったことがない航空会社では不安ですよね。日本からの格安航空券でよく見るのはアジア系の航空会社でしょう。

ここでは主に快適さを重視して、海外旅行をするときにおすすめの航空会社をアジアの航空会社に絞って紹介します。ただし、日系の航空会社はどこもそれなりに快適ですから、除外します。

アシアナ航空

韓国ということで、抵抗がある人もいるかもしれませんが、アシアナ航空はとてもレベルの高い航空会社です。

日本から便数が多いため、乗り継ぎの待ち時間も短いことが多いですし、日本から1〜2時間で乗り継ぎ地のソウルに着くので、あまり乗り継ぎをしている気分にはならないかもしれません。

機内食もなかなかに美味しい航空会社です。フライトアテンダントも感じが良く、親切です。

また、乗り継ぎ地である仁川空港も快適に過ごせる空港なので、韓国への直行便だけではなく、乗り継ぎ便として利用するにも、とても適しています。乗り継ぎなら、比較的安めな航空券があるのも魅力の1つと言えます。

タイ航空

紫のデコレーションが可愛いタイ航空の機体ですが、機内も紫とピンクでなかなかファッショナブルです。

その色に抵抗がない人にはかなりおすすめの航空会社。値段的にはあまり安いとは言えませんが、東南アジア〜ヨーロッパの間の国々や、オセアニア方面に行く時に重宝します。

機内のエンターテイメント、シートの快適度、機内食、どれを取ってもレベルが高いのですが、フライトアテンダントに関しては、昔の方がフレンドリーだったかもしれません。とは言え、感じが悪いというわけではなく、気分が悪くなるようなことはないでしょう。

タイへの直行便でも安い航空券がある場合もありますが、乗り継ぎ便としても優秀です。乗り継ぎの待ち時間は長いこともありますが、バンコク市内に出るのはとても簡単なので、バンコクまで出て、ちょっとした観光がしやすい点も魅力でしょう。

マレーシア航空

一時期、事件が続いていたので、印象が良くない人もいるかもしれませんが、マレーシア航空はホスピタリティ精神に溢れた良い航空会社です。

路線としては、タイ航空と同じような路線で活躍します。マレーシアも美食の国として知られていますが、そのためなのか機内食も美味しく、そういった楽しみ方もできます。

東南アジアの中でも、マレーシア人の国民性はかなりフレンドリーだと知られていますが、マレーシア航空のフライトアテンダントもかなりフレンドリーで、時間がある時には会話なんかも楽しめます。

エバー航空

エバー航空は台湾の航空会社です。中国系と思って抵抗があるという人もいるかもしれませんが、本土中国の航空会社とはまるで違います。

まず、フライトアテンダントの愛想がよく、機内設備もそこそこ充実しています。また、安全性の評価がとても高く、飛行機に安全性を求める人には大変おすすめです。機内食もなかなか美味しくいただけます。

アジア系の航空会社は機内食が楽しめる航空会社が多い傾向にあります。

関連記事