海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポール発祥のブランド「ペドロ(Pedro)」

シンガポールには靴専門のローカルブランドが多く出店しています。

というのも、シンガポールは常夏の国であるため、年中同じタイプの靴をはくことから傷みやすく、買い替える頻度が高いのです。また、消耗品と言う概念が強いため、安く買えるのも嬉しいポイントです。

今回は、シンガポール発祥のペドロ(Pedro)について紹介します。

ペドロ(Pedro)とは

ペドロは、シンガポール発祥のファストファッションブランドです。主に靴を販売しており、上品で洗練されたデザインが人気を集めています。

また、女性向けのブランドが多いシンガポールでは珍しく、男性向けの商品が充実しています。そのため、夫婦やカップルで訪れても楽しめるブランドになっています。

ペドロはシンガポール以外にも、フィリピンやマレーシアにも店舗がありますが、日本には実店舗がありません。

そのようなレア感もあってか、シンガポールを訪れた際にペドロの靴をおみやげにする人も増えているようです。

しかし、最近オンラインショップができましたのでこちらからも購入可能です。

http://www.pedroshoes.com/

ペドロ(Pedro)の取扱商品

ペドロが取り扱っている商品は主に靴です。

レディースの靴は、ピンヒールタイプのハイヒールからフラットパンプス、サンダル、スニーカーなど幅広い種類で展開しています。

メンズの靴も、ローファー、スニーカー、サンダルとビジネスからプライベートでまで使えるラインナップがそろっています。

ですから、旅行用の靴はもとより、日本に帰ってからも使える靴が多いです。

スポンサーリンク

ペドロ(Pedro)の店舗

ペドロはシンガポールの至る所に店舗があります。

オーチャード・ロードのアイアン・オーチャードに店舗があり、モードな雰囲気の店舗で買い物を楽しむことができます。

また、大抵のファッションモールには入っているため、見かけたら気軽に立ち寄ってみてください。

ペドロを購入する上での注意ですが、空港には店舗がないため、飛行機の待ち時間に買うことができません。そのため、ショッピングモールで見かけたら買っておくことをおすすめします。

他のローカルブランドも空港で取り扱っていないことが多いので、注意してくださいね。

スポンサーリンク

さいごに

ここまでペドロについて紹介しました。ペドロはデザインが上品かつ値段が安いので使い勝手がいいブランドです。

特に、常夏の国・シンガポールのブランドですのでサンダルが充実しており、日本でもはけるデザインになっています。

ぜひ、シンガポールを訪れた際は、ペドロに足を運んでみてください。きっと好みの靴が見つかりますよ。

関連記事