海外旅行をより楽しむためのヒント

ミラノ・スカラ座でオペラを観よう!当日券を入手するには?

※画像はイメージです。ミラノ・スカラ座ではありません。

オペラの本場であるイタリアの中でも、長年にわたって最高峰と称えられているのがミラノ・スカラ座(Teatro alla Scala di Milano)です。

オペラと言うと敷居の高いイメージや、漠然とした苦手意識を持っている人も多いと思いますが、せっかくイタリアまで旅行に行くのなら、一度くらいは本場の舞台芸術を最高峰の劇場で味わってみてはいかがでしょうか。

一度本物の生演奏を体験すると、意外にハマってしまう人も実際たくさんいらっしゃいます。

スポンサーリンク

ミラノ・スカラ座のオペラチケットを入手するには

しかし、スカラ座でオペラを観るためにいざ席を予約しようと思っても、人気の演目やスター歌手の出演する公演はチケットが販売されてもすぐに売り切れてしまうことが多く、運よく空きがあってもとても高額の席だったりで、なかなか手を出しずらい状況なのも確かです。

そこでせっかくミラノまで来たので何とかしてチケットを入手できないかと思っている方におすすめしたいのが、安価で入手できる当日券です。

当然ですが、2ヶ月前に旅行の日程が決まっていて確実に鑑賞したいのであればネットで購入する方が、当日の時間も節約できるのでおすすめです。

チケットの値段は席の位置や演目に寄って変動しますが、高い席で200ユーロ前後、安い席でも50ユーロ前後がスカラ座での相場です。一方、当日券をゲットする方法を知っていれば、一枚14ユーロ程で購入することができます。

当日券として発売されるのは、最上部桟敷の2列目以降の席です。そのため、ほとんど立ち見状態になってしまうので、観劇に行く際にはヒールの高い靴などは避けましょう。

桟敷の末席に入るには、正装する必要もありません。ジーンズやスニーカーで来ている地元の若者もいますので、立ち見になっても疲れないような服装と靴で出かけましょう。

スポンサーリンク

ミラノ・スカラ座で当日券を購入するまでの流れ

①13:00に当日券希望者のリストが作成されるので、その前までにスカラ座正面玄関向かって左側の側面にあるチケット売り場前に行きます。11:00ころには既に列を作って並んでいる人々がいますので、最後尾に並び13:00になるのを待ちます。

②13:00になると劇場公認の民間団体ラッコルド(L’ACCORDO)の係りの方が順番に希望者リストに名前を記入していきます。この際、身分証の提示が求められるのでパスポートなど顔写真の載ったものを持参します。名前と顔を確認され、番号札が渡されます。

③17:00に点呼が行われ、渡された番号札の順番に従って列に並び、チケット・オフィスが開くのを待ちます。チケット・オフィスが開いたら順番に番号札と引き換えにチケットを受け取り、支払いを済ませます。

上記の時間は一例ですので公演によって変わります。

また、この方法ではひとり一枚しかチケットの購入が許可されませんので気をつけてください。複数人で公演を鑑賞したい場合には全員で並ぶ必要があります。

少々時間と手間はかかりますが、世界最高峰の演奏をこれほどリーズナブルに鑑賞するチャンスは日本ではまずありません。

ミラノを訪れる際にはスカラ座でのオペラ鑑賞にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連記事