海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールスリング

シンガポールのカクテルと言えばシンガポールスリングが有名です。今や世界的なカクテルとなっているシンガポールスリングですが、現地でも格式あるホテルから地元のバーまで幅広く親しまれています。今回は、シンガポールスリングを飲むことができるお店について紹介します。

シンガポールスリングとは、ドライジンをベースに、チェリーブランデーとレモンジュース、砂糖をシェイクした後、ソーダ水を加えたカクテルを指します。ロングカクテルで、見た目は南国らしい赤色です。パイナップルやチェリーをグラスのふちに飾るため、見た目にも華やかです。

シンガポールスリングには、イギリスの文豪であるサマセットが「東洋の神秘」と賞賛したという逸話があります。シンガポールスリングの赤色は、世界一美しいと称されるシンガポールの夕焼けをイメージして作られているためです。

シンガポールスリングがどのようなカクテルか分かったところで、シンガポールスリングが飲めるお店を紹介します。一番有名なお店はラッフルズホテル内にある「ロングバー」です。シンガポールスリング発祥の地であり、1915年にバーテンダーが生み出したとされています。ロングバーの特徴は、おつまみとして出されるピーナッツであり、食べ終わった後の殻は床に投げ捨てます。日本人にとっては抵抗がある行為ですが、シンガポールもポイ捨てには厳しいため、ロングバーが唯一許される場所です。ロングバーでシンガポールスリングを頼んだら、ぜひポイ捨ても楽しんでくださいね。

次にシンガポールスリングを頼めるお店は、「ハリーズ・バー」です。ワールド・ベスト・バーに輝いたこともある実力派のバーであり、生演奏と一緒にカクテルが楽しめます。現地の人やビジネスマンでにぎわっているため、観光客ばかりの場所とはまた違った趣です。ハリーズ・バーはボート・キー通りに面しているため、MRTで行くならラッフルズプレイス駅かクラーク・キー駅で降りるのがおすすめです。

今回紹介した以外のお店でも、観光客が多いところならシンガポールスリングは取り扱っています。シンガポールスリングと言っても、お店によって微妙にレシピが異なるため、毎晩違うバーでシンガポールスリングを頼むのもおもしろいです。ただし、シンガポールスリングはカクテルですので、アルコール度数が高めなため、気をつけてください。シンガポールを訪れたら、一度はシンガポールスリングを楽しんでください。

関連記事