海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールでアフタヌーンティー

シンガポールの多くのホテルでアフタヌーンティーが楽しめるのをご存知でしょうか。シンガポールはイギリスの植民地であった歴史があるため、本場さながらのアフタヌーンティーがそろっています。今回は、アフタヌーンティーが楽しめるホテルとその内容を紹介します。

まずは、観光スポットとしても有名なラッフルズホテルのアフタヌーンティーから紹介します。ラッフルズホテルの格式あるダイニングである「ティフィンルーム」でアフタヌーンティーが楽しめ、フィンガーサンドウィッチやスコーンなどおなじみのメニューが並びます。伝統的かつ基本に則った内容ですが、シンガポールらしいトロピカルフルーツが添えられているのが特徴です。室内ではハープの演奏が流れていますので、そちらもお楽しみください。

次に紹介するのは、グランド・ハイアット・シンガポールのアフタヌーンティーです。ハイアットはオーチャード・ロードに位置するホテルで、ショッピングや散策のついでに立ち寄ることができます。アフタヌーンティーはラウンジでいただくことができ、2段トレイで運ばれてきます。スコーンはカヤジャムと一緒に食べることができるなど、シンガポールらしさを大事にしたメニューが特徴です。

シャングリラ・ホテル・シンガポールのアフタヌーンティーは一風変わっています。アフタヌーンティー専用のラウンジが用意されており、多くの人でにぎわっています。ビュッフェスタイルですので、複数人でわいわいとおいしいスイーツをつまみたい人におすすめです。また、メニューにお寿司が含まれており、日本人の口に合うようになっています。

最後に紹介するのは、フラートンホテルです。中央郵便局として使われていた建物を改装して誕生したホテルです。アフタヌーンティーは3段トレイで提供されるという点は他と変わりませんが、メニューが自分で選べます。2段分をスイーツにする、食事にするなど自分好みのアフタヌーンティーを作れるところが人気の理由だそうです。また、トレイとは別にスコーンが用意されるため、ボリューム的にも満足できます。

今回紹介した以外のホテルにもアフタヌーンティーは用意されています。人気ホテルのアフタヌーンティーは当日に行っても満席のことがありますので、事前に予約しておくとスムーズです。また、ハイティーという名前で提供されることがありますが、アフタヌーンティーと時間が異なるだけで、お茶とお菓子を提供するという点では変わりませんので気にしないでください。

関連記事