海外旅行をより楽しむためのヒント

バインミーを攻略しよう

ベトナム旅行ではバインミーを食べよう!と思っている人も多いでしょう。ベトナム全土で食べることのできるバインミーですが、ガイドブックに載っているようなカフェで食べると高くつきます。

ですが、屋台などでは英語が通じなくてうまく頼めないということもあるでしょう。

ここでは、ベトナム旅行でバインミーを堪能できるように、バインミーについてご紹介していきます。

バインミーってなに?

バインミーとは、ベトナム風バゲットサンドのことです。ベトナムはフランスに統治されていた時代があるためか、パンが意外と美味しく、種類も豊富です。バゲットもなかなか美味なのですが、このバゲットの中にベトナム風のおかずが挟まれたものが、バインミーです。

具材には、チキンやポーク、ハム、野菜、パクチー、なますなど様々なものがあります。これに、いかにも東南アジアっぽいタレとチリが入っていて、とても美味しい軽食なのです。

結構ボリューミーなバインミーもあるので、それほど大食いではない人なら、これでランチやディナーが終わってしまうこともあるでしょう。

レストランでのバインミーVS屋台のバインミー

地元の人にとってバインミーはストリートフードなのですが、観光客向けにバインミーを出しているレストランやカフェもあります。レストランやカフェで食べるバインミーは小綺麗ではありますが、お値段がちょっとします。日本円にして400円〜といったところでしょうか。

では、屋台やバインミーショップのバインミーはいくらくらいが相場なのかというと、具材にもよりますが、日本円にして100円〜150円くらいです。ベトナムドンで20,000ドンといったところでしょう。もっと安い場合もあります。

100円でランチが食べられるなんて、日本人的感覚ではラッキーですよね。

ちなみに、コンビニなどでもバインミーが売ってあることがあります。このバインミーは、屋台とレストランの中間くらいのお値段です。

バインミーの頼み方

レストランでバインミーを頼むという場合は、英語が併記してありますから困ることはあまりないでしょう。もしもどのバインミーにしたらいいかわからないという場合は、ミックスのものを選ぶといいでしょう。

問題は、言葉が通じないことがある屋台バインミーですよね。でもこちらも大丈夫です。店員さんにふらふらーっと寄っていって、欲しい数を指で示しましょう。向こうもこちらがベトナム語ができるなんて思っていないので、適当におすすめを作ってくれます。

このときパクチーが苦手なら、あらかじめパクチーを指差して要らないというジェスチャーをします。向こうからは、チリがいるかどうか訊いてくれます。辛いものが苦手でなければ、入れてもらうといいでしょう。量をちょっとだけにもできます。

この「ちょっと」というのも指で少しだけ・・・という風にジェスチャーすれば通じます。

値段は表記がありません。お財布を出すか、10,000ドンや20,000ドンなどの紙幣を出して訊いてみましょう。向こうから、正しい価格の紙幣を示されたり、そのまま差し出した紙幣を取ってくれます。

地元民価格より高くても、それが20,000ドンなら100円ですから、そこはめをつぶってあげましょう。

関連記事