海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールで食べるチェンドル

シンガポールのスイーツといえばチェンドルが有名です。ほんのりとした甘味がローカルにも日本人にも親しみやすく、人気を誇っています。今回は、チェンドルを食べることができるお店について紹介します。

チェンドルとは

チェンドルは、インドネシア発祥のスイーツです。シンガポール以外にもマレーシアやベトナムなど東南アジア全域で好まれているスイーツです。カチャン(茹でた小豆)をグラスの一番下に入れ、その上にココナッツミルクを入れます。ココナッツミルクの中には緑色のゼリーが入っており、米粉でできています。一番上にはブラウンシュガーが振りかけられたかき氷がのっています。

チェンドルはブラウンシュガーのかき氷、緑色のゼリー、カチャンと三層になっており、フォトジェニックな見た目になっています。また、パフェグラスのような背の高い器やボウルに入っており見栄えがします。シンガポールでおしゃれな写真を撮りたいときは、チェンドルを頼むのもひとつの手です。

チェンドルが食べられるお店

チェンドルがどんな食べ物か分かったところで、チェンドルが食べられるお店を紹介します。「Dove Desserts」では、最も伝統的なスタイルのチェンドルを食べることができます。このお店ではパンダンリーフで色付けした緑色のゼリーを手作りしており、素朴な味わいを楽しめます。1日に作る分を決めており、完売してしまうこともあるので早めに行くことをおすすめします。

次に紹介するお店は「Malaysia Boleh!」です。マレーシア風の屋台で提供されるチェンドルは、オーナーの工夫がたっぷりつまっています。夜遅くまで営業しているため、ディナーの後のデザートにもどうぞ。

最後に紹介するお店はチャイナタウンにある「味香園」です。かき氷の名店として知られているお店ですが、「チェンドル・スノーアイス」としてかき氷メインのチェンドルが売られています。ココナッツ味のかき氷と緑色のゼリー、カチャン、仙草ゼリーなどトッピングは変わりません。仕上げに黒蜜をおもいっきりかけてお召し上がりください。

他にも、シンガポールにはチェンドルのアレンジ版がたくさんあります。チェンドルとパンナコッタを組み合わせたり、ドリンクスタイルで楽しんだりとお店によって様々な工夫がこらされていますので、ぜひ色々なバージョンを試してみてください。

今回紹介した以外のお店でも、ホーカーズやフードコートでチェンドルを食べることができます。ぜひシンガポールを訪れた際には、チェンドルを食べてみてください。

関連記事