海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールで人気のチリクラブ

シンガポールの人気フードと言えばチリクラブが有名です。日本ではあまり見かけないチリクラブですが、現地では大人気のメニューです。今回は、チリクラブを食べることができるお店について紹介します。

チリクラブとは、カニに辛いチリソースをかけた料理を指します。日本で言うエビチリのカニバージョンのようなものですが、チリソースは少し異なります。チリ、ケチャップ、ニンニクの他にかに味噌と卵を加えるのがポイントです。辛いながらまろやかな味わいにはまる人が多いのも納得です。また、チリクラブに用いられるカニの種類は多く、ドウマンガニやマッドクラブなどが有名です。

チリクラブと一緒に食べるマントウもおいしいです。マントウとは、パンのようなものであり、揚げと蒸しがあります。マントウにチリソースをつけて食べるのがおいしく、チリソースだけで食べるよりも辛さがマイルドになって食べやすいです。元々チリクラブとセットになっているお店が多いので、ぜひ一緒に食べてみてください。

チリクラブがどのような食べ物か分かったところで、チリクラブが食べられるエリアを紹介します。一番有名なエリアは「イースト・コースト・シーフード・センター」です。「レッド・ハウス」や「ジャンボ・シーフード」、「ロングビーチ・シーフード」など名店が軒をつらねており、どのお店も海に面している絶好のロケーションになっています。どのお店も曜日によって営業時間が異なりますので、確認してから訪ねるのをおすすめします。

次に紹介するのは、「リバーサイド」エリアです。こちらは川に面したお店でチリクラブが食べられます。また、地下鉄を使って行くことができるので、観光のついでに立ち寄りやすいです。お店も、イースト・コースト・シーフード・センターに入っているものとほとんど同じで「レッド・ハウス」や「ジャンボ・シーフード」が入っています。ゆったりと海を眺めながら食べたい人はイースト・コースト・シーフード・センター、旅のついでに食べたい方はリバーサイドがおすすめです。

今回紹介した以外のエリアでも、観光客が多いところならチリクラブは取り扱っています。しかし、チリクラブは用意に時間がかかるため、事前に予約しておくことをおすすめします。また、チリクラブを食べると手が汚れると心配する人がいるかもしれませんが、大抵のお店でフィンガーボールやお手拭き、洗面台が用意されているため大丈夫です。シンガポールを訪れたら、一度はチリクラブを食べてみてくださいね。

関連記事