海外旅行をより楽しむためのヒント

格安旅に必須なドミトリールームってどう?

安く海外旅行をしたいという人は、ドミトリールームに泊まることも検討するのではないでしょうか。ドミトリーとは、相部屋のことですが、特に物価の高い国で格安旅を目指すなら必須の存在になります。

ここでは、ドミトリールームがどんなものかをご説明していきます。

ドミトリーとは

「ユースホステル」、「ゲストハウス」などと呼ばれる宿泊施設には、ドミトリーと呼ばれる相部屋が存在します。相部屋なので、当然バスルームも共用になります。大抵は、ダブルベッドになっていて、1室6人〜10人というのが主流ですが、多ければ16人以上という場合もあります。全てを初めて会う旅人と共用するようになるのですが、その代わり宿泊費がかなり節約できるのが大きな魅力です。

また、最近ではかなりファッショナブルなホステル・ゲストハウスも増えていて、相部屋とはいえ、オシャレな気分で宿泊できるようなところも多いようです。

ドミトリー(相部屋)の魅力

費用が抑えられるというのがドミトリールームの一番の魅力ですが、そのほかにはどんな魅力があるのでしょうか。

まずは、世界中の旅人と交流できるというのが大きな魅力です。ドミトリールームのある宿泊施設には、費用を抑えて旅をして回るような旅人が多く、情報収集にも向いています。また、ひとり旅の時でも一緒にご飯を食べる相手を見つけることができ、寂しくありません。

そして、ドミトリーのあるホステルやゲストハウスのスタッフは、普通のホテルよりもフレンドリーで距離が近いことが多いというのも魅力の1つです。スタッフと仲良くなって遊びに行くこともあるかもしれませんが、何より、観光に便利なローカル情報を積極的にもらえるというのは魅力的ではないでしょうか。

ドミトリーで気をつけたいこと

ドミトリーは相部屋でバスルームも共用なため、色々な人がいます。時には他の人のいびきがうるさくて眠れないこともあるでしょうし、早朝に出発する人のせいで目がさめることもあります。バスルームが汚くて、使う気がしないようなこともあるでしょう。

安眠のためには、耳栓やアイマスクなどを用意するといいかもしれませんが、施設が汚くなりやすいことについては、少々の我慢が必要です。

ドミトリーが向いていない場合は・・・

ホステルやゲストハウスには、費用面では高くなりますが、個室もあることが多いので、スタッフや旅人と交流しながら、プライバシーも保ちたいという場合は、個室を選ぶといいでしょう。

費用面が気になるようなら、旅程の7、8割は相部屋、残りは個室・・・というように、相部屋でのストレスを緩和できるように工夫することをおすすめします。

関連記事