海外旅行をより楽しむためのヒント

イギリス国内の交通手段について

イギリス旅行に時間が費やせるという人は、ロンドン以外の場所にも行くことでしょう。当然そのときには公共交通機関を使うことになります。

ここでは、イギリス国内を移動するための公共交通機関について解説していきます。

鉄道

国内の移動には、距離にもよりますが、鉄道が一番便利ですし快適です。

イギリスの鉄道を使えば、行けないところはないかもしれません。鉄道会社も複数あります。同じ目的地でも、出発駅やチケット価格が違うので注意しましょう。

早めにチケットを買っておけば、かなり安いチケットが手に入ることもあります。もちろん、当日駅で購入することもできます。席には1等席・2等席がある場合があるので、よくチェックしておきましょう。

鉄道を使ってイギリス国内を周遊するという場合は、ブリットレールパスを購入しましょう。これがあれば、鉄道に乗り放題になります。ブリットレールパスを使って、あてのない旅をするのも楽しいかもしれませんね。

コーチ(長距離バス)

イギリスでは長距離バスのことをコーチと呼びます。コーチで行けないところはないんじゃないかというほど、たくさんの路線があり、お値段も鉄道に比べると激安です。

ただし、当然ながら鉄道よりも時間がかかります。座席も広くはありません。そのため、旅行するときに使うなら比較的近距離のときに使うことをおすすめします。

飲食禁止ではないため、食べ物を食べている人がいると臭いがこもってしまいます。また、安いだけあって学生の利用が多く、マナーが悪いことも・・・

そういった意味では、多少値段が張っても鉄道の方がおすすめです。

飛行機

ロンドンからエディンバラというような長距離移動が必要なときには、飛行機もおすすめです。イギリスはLCCが発達しているので、うまくいけば鉄道よりも安いチケットが手に入ることもあります。

国内移動なら国際線よりも気軽に使えますし、時間の節約にもなります。調べてみて、鉄道よりも安く行けそうなら飛行機を使うのもいいでしょう。

イギリス国内で有名なLCCというと、easyJetやRyanairという航空会社があります。

レンタカー

イギリスは日本と同じ左側通行になっているため、車の運転で戸惑うことはあまりないでしょう。そういう意味では運転がしやすいので、国際免許証をあらかじめ取得し、レンタカーでドライブするというのもアリです。

しかし、事故などが怖かったり、知らない道を運転するのが怖いという人にはおすすめできません。

関連記事