海外旅行をより楽しむためのヒント

ホーチミンのバイクタクシーを攻略しよう

ホーチミンのバイクタクシーはトラブルが多いことで悪名高いのですが、使いこなせるととても便利です。しかも、ローカルな気分にも浸れるので、そういう旅が好きな人にはとてもおすすめできます。

ここでは、そんなバイクタクシーを使うときの注意点や、交渉の仕方をご紹介します。

こんなバイタクはダメ!

バイクタクシーを使う方法の前に、どういうバイクタクシーは使わない方がいいのかをご説明します。

ホーチミンには、バイクタクシーの呼び込みがたくさんいます。しかし、この中でガイドをするというバイクタクシーはお断りしましょう。特に、こちらが日本人とわかって近づいてくるバイタク運転手は危険です。

身の危険はありませんが、最初に言った金額から値段が跳ね上がったり、かなり遠回りをされたり、大変な思いをします。とは言え、危険な人は少ないのでそんな目にあったらしっかり怒ってください。それで不必要にお金を支払わなくてよくなります。

また、しつこい呼び込みは逃げましょう。しつこい呼び込みをしてくる=儲かっていないということなので、ぼったくり率が高くなります。

バイクタクシーの使いどころ

では、どういった場合にバイクタクシーを使うといいのでしょうか。

ホーチミン市は徒歩で回るのが厳しいときもあります。暑いですし、交通量も半端ないので、なかなか道路が渡れないというストレスに見舞われることも。

ホテルからサイゴン大教会、レストランからホテル・・・などといったしっかりと目的地が決まっている場合は、バイクタクシーがおすすめです。

ただし、交通マナーが悪いので、足が隣の車とすれすれ・・・なんてこともよくあります。そういうスリルが嫌だという人は、多少高くなってもタクシーを使うといいでしょう。

また、1人旅の場合はバイクタクシーの方が小回りもきき、安くなる傾向にありますが、複数人での旅行の場合はタクシーを使いましょう。

交渉の仕方と相場

バイクタクシーの運転手は街のそこらかしこにいます。バイクのそばに座っていたり、バイクに寄っかかってぼーっとしている場合は、バイタクである可能性が高いです。ちらっと見ながら側に寄れば、あちらから声をかけてきます。このとき、強引な感じがしたらそのバイタクはおすすめしません。

話しかけられたらまずは目的地を伝えます。英語ができない人には、ガイドブックの写真などを見せてみましょう。そうすると、向こうから値段を言ってきます。言わないなら訊きましょう。はじめはふっかけてくるのですが、これは値切られることを見込んでのことなので、怒らないように。言われた金額の半額より少し安い値段を言うと、段々安くなっていきます。

明らかに相場より高い値段を言ってくるのに、しぶしぶ値切ってくる場合は、別のバイクタクシーを使ってください。

相場としては、1kmまでが10,000ドン(約50円)くらいです。観光客だと3km以上の移動をすることは稀なので、30,000ドン(約150円)くらいといったところでしょうか。地元価格はもっと安いかもしれませんが、地元の人の平均月収は2〜3万円とのこと。それを考えると、バイタク1回150円は私たちにとっては破格ですよね。

ちなみに、ホーチミン1区内なら、どんなに高くても50,000ドン(約250円)で行けるでしょう。

関連記事