海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールで食べるアイス・カチャン

シンガポールは常夏のため、冷たいスイーツが豊富です。中でも、アイス・カチャンはシンガポールの冷製スイーツとして名高く、不動の人気を誇っています。今回は、アイス・カチャンを食べることができるお店について紹介します。

アイス・カチャンとは

アイス・カチャンとは、かき氷の進化版のようなスイーツであり、先にトッピングを器にいれた後削った氷をのせ、その上から練乳などのソースをかけます。日本のかき氷と異なる点は、赤や青、緑と複数のシロップを使うことが多いこと、トッピングにカチャンやスイートコーンを使っていることです。「カチャン」とは豆のことを指し、主にゆでた小豆のことを指します。他にも仙草という苦味のある植物から作られたグラスゼリーやナタデココに似た食感のアタップチーがトッピングされています。

アイス・カチャンの食べ方ですが、最初はシロップがかかった氷を上から食べていきます。カラフルなわりに味は控えめですのであっさり食べられます。食べ進めていくと、トッピングが下から出てくるので味を変えて楽しむことができます。シンガポールの室内はあまり冷房が効いていないことがあり、アイスが溶けてしまうことがありますが、レンゲですくって飲むことができますのであせらず食べましょう。

アイス・カチャンが食べられるお店

アイス・カチャンがどんな食べ物か分かったところで、アイス・カチャンが食べられるお店を紹介します。アイオン・オーチャードの下にある「フードオペラ」にはアイスショップがあり、アイス・カチャンを取り扱っています。フードオペラには個性的なオブジェや光り輝くシャンデリアが設置されているので、異世界を訪れた気分になれますよ。

次に紹介するお店は、「フード・ジャンクション」です。地元の人でにぎわうフードコートで、2〜3シンガポールドルほどでアイス・カチャンが食べられます。ローカルの雰囲気を味わいたい人におすすめです。

最後に紹介するお店は「糖水先デザートファースト」の変わり種アイス・カチャンです。名物のマンゴーアイス・カチャンはアイスの上にアイスクリーム、マンゴー、ナタデココがいっぱいに盛られています。値段は5.5シンガポールドルと少々お高めですが、食べる価値ありの一品です。

今回紹介した以外のお店でも、チャイナタウンやショッピングモール内のフードコートでアイス・カチャンを食べることができます。ぜひシンガポールで冷たいものが食べたくなったときはアイス・カチャンにチャレンジしてみてくださいね。

関連記事