海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールの交通手段

シンガポールはコンパクトで観光しやすい街です。しかし、徒歩だけでは移動に限界があり、他の交通手段を用いる必要があります。

今回はシンガポールで使える交通手段について紹介します。

シンガポールの主な交通手段

シンガポールの主な交通手段は二つあり、MRTとタクシーです。MRTとは「マス・ラピッド・トランジット」の略であり、いわゆる地下鉄の役割を担っています。交通費が安く、都心を移動するなら大抵はMRTで済ますことができます。路線図も単純でわかりやすいため、観光客にもやさしい構造になっています。

MRTの乗り方ですが、チケット売り場でカードを買うのが一般的です。初めて乗るときはカードを買い、2回目以降はチャージしていく仕組みになっています。

一方、タクシーはホテル前やタクシー乗り場で乗ることができます。流しのタクシーは拾わないようにしましょう。初乗りが3ドルからと安いため、気軽に乗ることができ、1kmあたりの料金も非常に安いです。深夜料金などが加算されることもありますが、日本よりは安く済むので疲れたときは使うのも手です。英語が通じるので、目的地を英語で言って連れて行ってもらいましょう。

日本のタクシーと違う点ですが、まずドアが自動で開きません。乗る際には自分でドアを開けて乗り込みましょう。また、シンガポールではシートベルトの着用義務がないため、乗客がつける前に出発してしまうことがあります。そういったときでも慌てずに忘れず着用するようにしましょう。

ここまでMRTとタクシーを紹介しました。どちらも料金は非常に安いのですが、中でもMRTは特に安いので普段の移動にはMRTをおすすめします。歩き疲れたときにはタクシーを使うなど上手に使い分けてください。

路線バスは手を挙げて

他の交通手段として路線バスがあります。日本のバスと違ってバス停にいるだけでは止まってくれないので、手を挙げるなどして合図してください。乗り込む際は前、降りるときは後ろからなので、注意してください。運賃は現金で払うことができますが、おつりはでないのでぴったりぶんを支払うようにしましょう。また、MRTと共通のカードで支払うことができるので、たくさん乗り物に乗る人は購入を検討してみてもいいでしょう。

今紹介した交通手段を使えば、大抵の観光スポットには移動できます。料金や便利さを考慮して、自分の旅行スタイルに合った交通手段を使ってください。また、MRTやバスは観光客だけでなく地元の人も使っているため、ルールを守って迷惑をかけないように気をつけてください。

関連記事