海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールで食べるカヤトースト

シンガポールのジャムとして有名なのがカヤジャムです。カヤジャムとは卵とココナッツミルクを混ぜ合わせて作ったもので、黄緑がかった色をしています。シンガポールの現地の人にもカヤジャムは愛されており、お店にはカヤジャムを使ったカヤトーストが売られています。今回は、カヤトーストを食べることができるお店について紹介します。

カヤトーストとは

カヤトーストは、シンガポールやマレーシアでよく食べられる料理です。よく焼いたパンの上にカヤジャムとバターを塗ってサンドし、もう一度トーストした料理です。単にトーストにカヤジャムを塗っただけのものではなく、もう一手間かかっているのがカヤトーストです。外はさくさく、中はしっとりの食感がやみつきになること間違いなしで、地元の人もよく口にします。

カヤトーストは朝ご飯として食べられることが多いですが、1日中売られているため好きなときに食べることができます。また、紅茶やコーヒーとの相性がよく、小休止にぴったりです。ただ、とても甘く、シンガポールでは飲み物も甘いことが多いので、日本人にとっては少々甘すぎるかもしれません。

カヤトーストが食べられるお店

カヤトーストがどんな食べ物か分かったところで、カヤトーストが食べられるお店を紹介します。「Toast Box」では、カヤジャムをたっぷりはさんだカヤトーストを食べることができます。半熟卵とコーヒーのセットが人気で、値段は4.2シンガポールドルと安いです。カヤトーストはとても甘いので、半熟卵にお醤油をたらしたものと交互に食べると、最後まで飽きずに食べることができます。「Toast Box」はシンガポール各地にあり、朝早くから営業しているため、一度は訪れてみてください。

次に紹介するお店は「キリニーコピティアム」です。甘めのコーヒー(コピ)や半熟卵と一緒にカヤトーストを食べることができます。ラクサなどの甘くないメニューもそろっているため、甘いものが苦手な人とも一緒に行くことができます。

最後に紹介するお店は「Ya Kun Kaya Toast」です。名前の通りカヤトーストがメインのお店で、カヤトーストをシンガポールに広めたのはこのお店だとされています。こちらもコーヒーと半熟卵とセットで食べることができ、値段は4シンガポールドルです。ローカルフードも充実しているので、安くで地元の雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

今回紹介した以外のお店でも、カヤトーストを取り扱っているチェーン店はたくさんあります。ぜひシンガポールを訪れた際には、庶民に愛されているカヤトーストを食べてみてください。

関連記事