海外旅行をより楽しむためのヒント

マレーシア料理を楽しむ

海外旅行をするときには、その国で食べれる現地の食事も楽しみですよね。特に東南アジアは、タイ料理やベトナム料理など、日本でもとても人気のある料理が集まっています。

でも、「マレーシア料理」については、ピンとこない人もいるのではないでしょうか。実はマレーシアは「グルメ天国」と言われるほど、おいしいご飯がたくさんあります。ここでは、マレーシア旅行で楽しめるマレーシアの料理についてご紹介します。

さまざまな文化の料理が食べれる

マレーシアは多民族国家で、さまざまな民族が暮らしている国です。その多くをしめるのがマレー系、次いで中国系、そしてインド系も多く住んでいます。宗教もイスラム教徒、ヒンドゥー教徒と存在しているので、食文化についても、混ざり合っているのです。

なので、一言で「マレーシア料理」と言っても、さまざまな種類の料理があるんですね。

マレー料理

まずはマレー料理がどんなものかご紹介します。これは一部のインドネシア料理にも似ている料理で、日本人でも聞いたことがあるほど代表的なものは、サテー、ナシゴレン、ミーゴレンといったところでしょうか。サテーはマレー風焼き鳥、ナシゴレンはマレー風チャーハン、ミーゴレンはマレー風焼きそばといったところです。

また、ココナッツミルクで炊いたごはんに、小魚のフライやチリソースなどを添えたナシレマという料理も代表的なものです。

ラクサという、スープヌードル料理も人気で、これには酸味が強いもの、カレー味のものなどさまざまな種類があります。

ニョニャ料理

ニョニャ料理は簡単にいうと、マレー系と中国系の料理の特徴を融合させたような料理のことです。例えば、前述のラクサには、ニョニャラクサというものがありますが、これはカレー味にココナッツミルクで味付けをしたようなスープで、麺は中華麺のような麺が使ってあります。

他には、魚のすり身とココナッツ+スパイスのオタオタ、カンコンブラチャンという青菜炒め、パイティーという前菜などがあります。

マレーシアで食べれる中華料理

マレーシアには中国系の民族も多いので、中華料理も豊富です。例えば、肉骨茶という豚肉と漢方・野菜を煮込んだ鍋は、マレーシア料理として大人気です。さっぱりとしてとても食べやすく、体にも良いので、胃が疲れているときなんかにいいでしょう。

また、シンガポールで人気のチキンライスは、マレーシアでも大人気の料理です。クイティオという平たい麺の料理も、マレーシアでよく見ます。

マレーシアで食べれるインド料理

マレーシア料理の中のインド料理というと、ロティチャナイでしょう。薄いパンにカレーソースをつけて食べるマレーシアで大人気の朝食です。

他には、バナナリーフカレーや、タンドリーチキンなんかも人気ですが、マレーシアに行ったなら、ロティチャナイだけは外さないように!

グルメ天国マレーシア

マレーシアでは、このようなさまざまな料理を、1日のうちに全て楽しむということも可能です。1日で3カ国ぐらいの国を旅したような気分になるかもしれませんよ。

関連記事