海外旅行をより楽しむためのヒント

旅でモロッコ料理を食べ尽くす

「モロッコ料理」というと、どんなものを想像するでしょうか。日本には、モロッコ料理店が多いわけではないので、なかなか想像がつかないという人もいるでしょう。

ここでは、モロッコ旅行で出会う料理についてご紹介します。

タジン

モロッコでは、毎日タジンを食べているのではないかというくらい、タジンはモロッコ料理の代表格です。

日本でもタジン鍋というのが流行したことがあるので、鍋の形はわかる人が多いのではないでしょうか。モロッコでは、あのタジン鍋の中に、野菜や肉を入れ、水を使わずに煮込みます。

一番人気は「ケフタ」と呼ばれる、ミートボールと卵のタジンでしょう。他にも、鶏肉とレモンのタジンなんかも人気があります。

モロッコ料理のレストランはもちろん、マラケシュのフナ広場での屋台でも食べることができます。

クスクス

タジンと並んでモロッコ料理を代表する料理が、クスクスです。タジンよりも、こちらの方が馴染み深いという人も多いでしょう。

クスクスは、米粒ほどの大きさのパスタです。こちらもタジンのように、肉と野菜を一緒に、クスクス鍋で煮込みます。クスクスもモロッコの至るところで出会う料理です。

ハリラスープ

ラマダンという断食の期間には、日没後に食事をすることができます。その日没後、最初に口にするのが、ハリラと呼ばれるスープです。ひよこ豆などの豆類やトマトビューレなどが入っています。

ラマダンのときのおなじみのスープなのですが、日常的にも食べられていて、置いてあるレストランも多いでしょう。具沢山で安いので、節約したいときにはこのハリラスープとパンだけでもおなかいっぱいになります。

モロッカンサラダ

モロッカンサラダは、私たちが想像しているサラダとは少々趣が違うかもしれません。代表的な材料は、トマト、玉ねぎ、きゅうりなど。これらがさいの目状に刻まれ、クミンなどのハーブで和えられています。オリーブなどが添えられていることも珍しくありません。

テーブルの上には塩とクミン?

日本や他の国では、テーブルの上には塩と胡椒というのが主流ですよね。しかし、モロッコでは塩とクミンが置かれていて、胡椒に出会うことはほぼありません。

このクミンを、何にでも好きなだけかけてみましょう。これぞモロッコ!という味を楽しめるでしょう。ちなみに、塩とクミンが入ったスパイスケースは、とても可愛くお土産にも向いています。

フランスのパン

こちらはモロッコ料理ではないのですが、モロッコに行った時には、まるでフランスかと思うほどのパンの種類を目にするかもしれません。これは、モロッコが元フランス領であったことに由来しています。

モロッコ料理はあまりバラエティがないので、もしもちょっと違うものが食べたくなったときには、フランスパンや、クロワッサン、パン・オ・ショコラなどを楽しんでみましょう。ホテルなどの朝食でも出てくることが少なくありません。

関連記事