海外旅行をより楽しむためのヒント

旅で触れるモロッコ人の魅力

モロッコは旅をするにはとてもおすすめの国の1つです。その魅力は、豊富な観光資源だけではなく、現地の人にあります。

旅で体験できる、モロッコ人の魅力とはどのようなものなのでしょうか。

とても人懐こく親切

モロッコに行くと、まず気づくのがモロッコ人が人懐こく、まるで友達のように話してくるということでしょう。ぼったくりなどに遭うのではないかと警戒してしまいそうですが、モロッコでは、本当にぼったくられる時でも、何の他意もないときでも、モロッコ人は距離が近く、またとても親切です。

また、ぼったくりをするような人でさえ、それ以外の面では本当に親切にしてくれます。

具体的にどのような親切に出会うのかというと、例えば路線バスに乗ると、男性に座るように言われたりします。また、カバンの口が開いていると、「閉めないと危ないよ」と言ってくれる人多数です。道に迷えば、誰かが助けてくれます。とりとめのない会話で盛り上がったりもします。

東日本の震災のときには、会う人会う人が、日本の家族は大丈夫かと心配してくれたりしました。大きな怪我をしていると、みんなが祈ってくれます。

モロッコに限らずイスラム教の国の出身者は、イスラム教の教えから、他人を兄弟姉妹のようにい思い、親切にするのは当たり前で、人懐っこい人が多いのですが、中でもモロッコはその傾向が強いようです。

感情が顔に出やすい

モロッコ人は、時として嘘をついたり騙して来たりします。危ない目には遭うことは少ないのですが、彼らもそういった行動をお金のためにやっています。

ですが、モロッコ人がどこか憎めないのは、なんとなく嘘をついていたり、金額を多めに言っていると気付けるようなところです。なぜなら、感情が顔に出やすいため、顔をよく見ていると、なんとなく考えていることがわかってしまいます。

ぼったくり金額を言って来て、素直に払おうとすると、ちょっと申し訳ないような顔をするモロッコ人もいます。また、こちらが金額を吊り下げすぎて、悲しい顔をするということも珍しくありません。

とても明るい

モロッコ人はよく笑い、とても明るい人たちです。

これは男性も女性も変わりません。テンションが高い陽気な感じはないのですが、冗談を言って笑いあったり、なんだかとても楽しそうです。

生活が苦しくても、100%苦しそうにしている人は稀でしょう。人との距離が近く、孤独を感じにくいためなのかもしれません。

悪人になりきれない

金銭面でぼったくりに遭ったり、騙されたりするようなことが多いモロッコですが、モロッコ人はどこか悪人にはなりきれない一面があります。

これもイスラム教の教えから来ていて、人に危害を与えるようなこと、人を不幸にさせるようなことを嫌うからです。

たとえぼったくりをしたとしても、相手が嫌そうな顔をしたり、怒ったような表情をすると、とても気にします。ぼったくりをしているのにも関わらず、相手にもハッピーでいて欲しいというのも本当なようです。

まとめ

旅でモロッコ人と触れ合うと、人間について考えさせられるようなことが沢山起こるでしょう。ぼったくりなどを避けるために、現地のモロッコ人と距離を置くのは、もったいないと感じるほどに面白い人たちなので、ぜひ現地の人との会話も楽しみましょう。

関連記事