海外旅行をより楽しむためのヒント

オーチャード

シンガポールのオーチャード・ロードと言えば、昔から観光スポットとして有名です。シンガポールの最先端のグルメやファッション、ハイブランドが集結しています。今回はオーチャード・ロードのショッピングモールについて紹介します。

オーチャード・ロードには多くのショッピングモールが立ち並びます。オーチャード・ロードの一番端にあるショッピングモールは、「プラザ・シンガプーラ」と言い、比較的カジュアルなお店が多く入っています。地元の人の雰囲気を感じたい人におすすめのモールです。

プラザ・シンガプーラを右に曲がってまっすぐ進むと、「オーチャード・セントラル」が見えます。このショッピングモールは見た目が独特で、フォトスポットとしてよく使われています。また、12階には屋上庭園があるため、オーチャード・ロードを見渡すことができます。

オーチャード・セントラルと直結しているショッピングセンターとして、「オーチャード・ゲイトウェイ」と「313@サマセット」があります。オーチャード・ゲイトウェイは比較的小型で見て回りやすいのが特徴です。また、313@サマセットは、ファストファッションのお店やカフェが多く使い勝手のいいショッピングセンターです。天気が悪い日はこの3つのショッピングモールで遊ぶのがおすすめです。

オーチャード・ゲイトウェイを出てしばらく行くと、オーチャード・ロードの真ん中に位置する「マンダリン・ギャラリー」があります。この辺りから高級指向のショップが増え、客層も変化します。マンダリン・ギャラリーには個性的なブティックが多く、値段は高いものの見ていて楽しいです。

マンダリン・ギャラリーを出て進むと、「高島屋」と「ニーアン・シティ」があります。日本と同じく高級感のある内装で、コーチやシャネルなどのブランドがそろいます。ニーアン・シティの向かいには「パラゴン」と「ラッキープラザ」があります。パラゴンにはカフェが多く小休止におすすめです。また、日本のデパートでは考えられませんが、高級ブティックとプチプラが混在しています。ラッキープラザは地元のフィリピン人が多く集まる場所で、ファーストフードが充実しています。

ここまで多くのショッピングモールを紹介してきましたが、オーチャード・ロードで一番有名なモールは「アイオン・オーチャード」です。ローカルフードやファストファッションなどほとんどのものがそろいます。時間のない方はアイオンだけ訪れてもいいでしょう。また、外観がオーチャード・ロードのシンボルになっていますので、写真を撮るのを忘れずに。

関連記事