海外旅行をより楽しむためのヒント

一度は行きたいピサの斜塔

ピサという地名を聞けば、誰もが真っ先に想像するのがピサの斜塔ではないでしょうか。

ピサは大観光都市フィレンツェからほど近く、ピサ国際空港には国内外から多くの便が乗り入れているため、簡単にアクセスできます。

ここではそんなピサの魅力をご紹介します。

ピサの斜塔(Torre di Pisa)

ユネスコ世界遺産に登録されているピサのドゥオモ広場に立つ、白い大理石の壁が印象的なピサの斜塔は、その美しさと傾斜の不思議ゆえに、古くから観光客に人気を博しています。

イタリア特有の晴天の空の青さに白い斜塔が映え、緑の芝生が色を添えるその景色は、いつまでも眺めていたくなるような美しさです。

斜塔には登ることもできます。上空から見下ろすドゥオモ広場はまた違った美しさです。入場可能な時間は、3月までのローシーズンが毎日9:00から19:00まで、4月からは9:00から20:00までです。

2017年発表の時刻表によれば、6月17日から8月31日までの観光旅行のハイシーズンには、特別に夜の22:00まで訪問が可能になります。いずれの場合も、終了時刻の30分前に入場が締め切られます。

ピサの斜塔への入場料は大人18ユーロです。ドゥオモには無料で見学に入ることができますが、混雑を避けるため時間指定の整理券が配布されていますので、整理券を受け取って指定の時間を待ちましょう。。ドゥオモ内部は10:00から見学が可能になります。

ピサへのアクセス

ピサとフィレンツェの間をイタリア国鉄トレニタリア(Trenitalia)の電車が結んでいます。1時間に2本から3本の電車が出ているので、時間を綿密に計算しなくても気軽に移動ができます。乗車時間は最短で49分、最長でも1時間21分で、運賃は8.40ユーロです。

ローマにも乗り換えなしで3時間足らずの移動時間なので、複数の観光都市を回りたいという人には、ローマ、ピサ、フィレンツェを巡るコースがおすすめです。

ピサのおすすめジェラート

ピサ中央駅からドゥオモ広場に向かう途中に、アルノ川が流れています。そのアルノにかかるメッゾ橋(Ponte di Mezzo)から100メートルほど北へ、つまりドゥオモ広場方面へ歩くと、古いポルティコ(アーケードのようなもの)の続く道にジェラテリア・ディ・トト(Gelateria di Toto)があります。

とても小さなお店なので目立たないのですが、ここのジェラートは非常にクオリティが高く、どのフレーバーを選んでも間違いがありません。すぐ向かいにある教会前の階段に腰を下ろしてジェラートを頬張っている人の姿が見られるはずです。

暑い日などにはここで一息ついてから、ドゥオモ広場へ歩を進めるのもまた一興です。

関連記事