海外旅行をより楽しむためのヒント

ポルトガルではワインを楽しもう

ヨーロッパには、ワインが美味しい国が多いのですが、ポルトガルもその1つです。最近では、日本でもポルトガルワインが出回るようになってきたので、ご存知の方もいるでしょう。

ここでは、ポルトガル旅行でぜひ飲んで欲しいワインについてご紹介していきます。

ポルトガルのワインといえば「ヴィーニョ・ヴェルデ」

「ヴィーニョ・ヴェルデ」とは、緑のワインという意味ですが、ポルトガルのレストランには必ずこれが置いてあります。ポルトガルのワインといえば、このヴィーニョ・ヴェルデが代表格。特にシーフード料理と相性が良いので、ポルトガルの名物であるバカリャウ(干し鱈)料理のお供に最適です。

「緑のワイン」とはいいますが、緑色というよりは、白ワインに似た色をしています。このワインは微炭酸のワインです。度数は9%ほどで、普通のワインより飲みやすく、口当たりも良いので、ごくごく行けます。

また、お値段も手頃なので、食事の度にボトルで頼んでもいいでしょう。

よく知られる「ポルトワイン」とは

「ポートワイン」という呼称の方が日本では知られていますが、現地ポルトガルでは、「ヴィーニョ・ド・ポルト」つまり、ポルトワインと呼ばれています。以前日本で知られているポルトガルのワインといえば、このポルトワインだけでした。

ポルトワインは、名前の通りポルトガル第二の都市、ポルトで作られているワインで、甘くデザートワインに適したワインです。

ポルトガルでは、前述の緑のワインの方が断然人気ではありますが、このポルトワインも提供されているレストランが多く、特にポルトでは目にすることが多いでしょう。

リスボンだけではなく、ポルトにも行くという方は、是非現地で飲んでみましょう。

他のポルトガルワイン

ポルトガルワインでおいしいものは、ヴィーニョ・ヴェルデとポルトワインだけではありません。

ポルトガルは、国際的に流通しているとはいえないものの、赤ワインや白ワイン、ロゼワインなどもとても美味しい国です。産地もポルトガル各地にあり、それぞれ違った味わいになっています。安くても美味しいワインが多いので、ワイン好きには楽しい旅になるでしょう。

おすすめワイン

ポルトガルでおすすめしたいワインは色々あるのですが、一番目にすることが多いのは、「カザルガルシア(CASAL GARCIA)」というところのワインです。日本でも手に入ることがありますが、ポルトガルでもよく出回っていて、その中でもヴィーニョ・ヴェルデは定番中の定番です。

ポルトガルでどのワインを飲んでいいか悩んだ時には、このカザルガルシアを選ぶといいでしょう。

関連記事