海外旅行をより楽しむためのヒント

ポルトガルの気候と旅のベストシーズン

ポルトガルという国は、あまり日本で知られているほうではないので、気候についてもイメージがないかもしれません。南ヨーロッパということで、暖かいと思っている人も多いでしょう。

ここではポルトガルの気候と、旅行するためのベストシーズンをご説明します。

ポルトガルの気候

ポルトガルには、日本と同じような四季の移り変わりがあります。

しかし、南ヨーロッパだということもあって、ポルトガルの気候は1年中温暖だと言えます。

夏の気温は日本と同じくらいには上がりますが、乾燥しているため、日本のような蒸し暑さを感じることはありません。日陰に入れば涼しいですし、夜は薄い羽織が必要だと思うほど気温が下がることもあります。

1年中温暖ではありますが、冬はコートが必要です。また、秋から冬は雨が降ることも多く、雨具があると安心です。特に北部は雨が多い傾向にあります。

ポルトガルではサマータイムを導入しているので、このサマータイム期間、特に夏の日が高い時期には、夜9時くらいまで外が明るく、遅くまで観光しやすいでしょう。しかし、サマータイムの時期でなくても、イギリスやフランスなどのように昼からあたりが暗くなるようなことはありません。

スポンサーリンク

ポルトガル旅行のベストシーズン

1年を通して温暖なポルトガルですが、やはり冬は冷え込みますし、コートなどが必要になり荷物もかさばるので、冬はベストシーズンとは言えません。

雨量も少なく気候も良い5月から9月にかけてが旅のベストシーズンとなります。日も長いので、遅くまで街歩きを楽しめます。

特に日本の春のような気候の5月下旬から6月にかけては、暑いと感じる日も少ないので、特に観光に適していると言えます。

3月4月は冬も終わり、段々暖かくなってくるので、観光しづらいということはありません。しかし、まだまだジャケットが必要な時期ではあります。

10月、11月も気温的には観光に適した良い時期なのですが、雨が増えるため、天候に悩まされることがあるかもしれません。

スポンサーリンク

ベストシーズン以外の旅行について

上記のとおり、ポルトガル旅行のベストシーズンは、5月から9月、そして、3、4月と10、11月も悪くない時期ですが、冬の冷え込みもそれほどではないので、冬の旅行をおすすめできないほどではありません。

日本よりは少し暖かいと感じるエリアが多いのですが、北部の方が冷え込むので、敢えて北部を避けるのもアリです。

また、マデイラ諸島などは、1年中暖かいので、冬にポルトガルに行くならマデイラ諸島を目的地にするのもいいでしょう。

関連記事