海外旅行をより楽しむためのヒント

ポルトガル旅行で食べたいポルトガル料理

日本ではポルトガル料理はあまり知られていませんが、実はポルトガル料理は日本人の口に合うようなものがたくさんあります。

ポルトガル旅行では、そんな美味しいポルトガル料理をあれこれ楽しんでみましょう。

バカリャウ料理

ポルトガル料理といえば、バカリャウと呼ばれる干し鱈を使った料理が大定番です。このバカリャウを使った料理が、いくつもあり、バカリャウだけでバリュエーション豊かにさまざまな料理が楽しめます。

その中でもどなたでも気に入ってもらえそうなものは、バカリャウと玉ねぎ、じゃがいもを卵でとじた料理「バカリャウ・ア・ブラス」です。なかなか素朴な味をしていて、どこか懐かしい感じがします。

ゆでたバカリャウと、野菜を一緒に食べる「バカリャウ・コジート」も、素材の味が楽しめる美味しい料理です。ポルトガルは野菜が美味しいので、シンプルの味付けで十分料理が楽しめます。

グラタンなどのクリーミーな料理が好きな人には「バカリャウ・コン・ナタ」がおすすめです。バカリャウのクリーム煮かバカリャウのグラタンといった感じの料理です。意外とあっさりしています。

前菜なら、「パシュテイシュ・デ・バカリャウ」というバカリャウのコロッケがかなりメジャーな存在です。普通のコロッケが好きではない人も、これなら楽しめるでしょう。

米料理

ポルトガルでは、米もよく食べられています。米料理は、リゾットか炊き込みご飯で食べることが多く、具材もさまざまです。

例えば、リゾットなら「アローシュ・デ・マリシュコ」というシーフードのリゾットが人気です。一度にさまざまなシーフードが楽しめますし、どれか選べないから、これを選びましょう

タコ好きの人は、タコのリゾット「アローシュ・デ・ポルヴォ」がおすすめです。また、アンコウのリゾットなんてものもあり、これは「アローシュ・デ・タンボリール」と呼ばれています。

炊き込みご飯なら、「アローシュ・デ・パット」という鴨炊き込みご飯が、よく見られます。炊き込みご飯とはいえ、意外とヘビーです。

タコやアンコウは、米と一緒に炊き込みご飯としても食べることができます。

肉料理

最後は肉料理をいくつか紹介しましょう。

ポルトガルでは、肉類も豊富で、牛肉や鶏肉、豚肉のほかにも、鴨やうさぎ、七面鳥などもよく食べられています。

「フランゴ・アサード」というのはローストチキンのことですが、ポルトガル料理としてよく知られています。

「コジード・ア・ポルトゲーザ」という料理は、さまざまな肉や野菜が一緒に煮込まれ、付け合せとしてその煮汁で炊いた米が添えられます。ポトフのような感じで、くせはありません。

はずれが少ない

さまざまな食材が豊富で、食の楽しいポルトガルは、どんなレストランに行っても、はずれがなかなかありません。大衆食堂のようなところでも美味しくいただけますから、食事が楽しい旅になるでしょう。

関連記事