海外旅行をより楽しむためのヒント

ラッフルズホテル

ラッフルズホテルはシンガポールの高級ホテルとして知られています。ホテル自体が観光スポットとして有名になっており、宿泊客でなくても中に入ることができます。

ラッフルズホテルの正式名称は「ラッフルズホテル・シンガポール」であり、名前からシンガポールを代表するホテルであるということが分かります。ラッフルズホテルの歴史は古く、1887年に開業して以来多くの著名人に利用されています。

ラッフルズホテルの見所の一つは外観です。白い外壁が美しいコロニアル建築や背の高い庭木など情緒豊かなデザインになっています。また、内観も東南アジアらしい絨毯が敷き詰められ、重厚な雰囲気をまとっています。

ラッフルズホテルの中に入ると、ロングバーやギフトショップがあります。ロングバーはトロピカルカクテルの「シンガポールスリング」発祥の地とされています。シンガポールスリングは、数種類のリキュールとライムジュース、パイナップルジュースを混ぜて作られており、飲みやすく女性向けのカクテルです。巷で広まっているシンガポールスリングとは異なり、元祖の味を守り続けているので、ラッフルズホテルに寄った際はぜひ飲んでみたい一品です。

ラッフルズホテルのギフトショップで買うべきものとしてカヤジャムがあります。カヤジャムとはココナッツミルクと卵を混ぜて作ったスプレッドのことを指し、シンガポールやマレーシアで定番の味です。中でも、ラッフルズホテルで作っているカヤジャムは有名で、現地にも多くのファンがいます。ラッフルズホテルの中には他にもギフトがたくさん売られているので、お土産を買うのにおすすめです。

ここまで紹介したところは誰でも入ることができますが、正面玄関から客室までは宿泊客しか入ることができません。5つ星のラグジュアリーホテルであるため、宿泊客が快適に過ごせるように心配りをしているのです。ですから、ラッフルズホテルを思いっきり満喫したいなら、泊まることをおすすめします。

ラッフルズホテルは全室スイートルームであり、どの部屋からも美しい庭を眺めることができます。滞在中は「バトラー」という使用人がお世話をしてくれるので、優雅な時間を楽しむことができます。また、ホテル内にはレストランやバーが14軒あり、ロングステイでも飽きることがありません。

先ほど紹介したロングバー以外にも著名人やVIPが愛した名店が連なっています。宿泊や食事をするには結構な費用が必要ですが、せっかくのシンガポール旅行だから贅沢しようと思う人はぜひ滞在してみてください。

関連記事