海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールでおすすめの食べ物系おみやげ

シンガポールにはおみやげがないと言われるほど、シンガポールでおみやげを買うのは難しいです。

特に、食べ物のおみやげが少ないことから、家族や会社の人へのおみやげ選びが困難になっています。

今回は、少ないながらもシンガポールの食べ物系おみやげを紹介します。

カヤジャム

まず、ひとつめは「カヤジャム」です。カヤジャムとはココナッツミルクと卵を混ぜ合わせたもので、現地の人にも親しまれています。

ラッフルズホテルのカヤジャムが有名ですが、高価ですので、スーパーなどでバラまき用のおみやげを買うのをおすすめします。ローカルは日常的にカヤジャムを使うので、大容量のものも売っています。

一つ注意ですが、カヤジャムはビンに入っているため手荷物での持ち込みが禁止されています。没収されてしまわないように、預け入れ荷物に入れておきましょう。

スポンサーリンク

ブンガワン・ソロのクッキー

次に紹介するおみやげは「ブンガワン・ソロのクッキー」です。南国らしい鮮やかな色味の缶が特徴で、飛行機で運んでも割れづらいのでおすすめです。

クッキーにも多くの種類があり、パイナップルタルトなどトロピカルな味わいのクッキーがそろっています。空港内で購入することもできますので、買い忘れがあった場合にも最適です。

試食をやっているので、自分の舌で確かめてから好きな味のクッキーを選んでくださいね。

ドライフルーツ

「ドライフルーツ」もシンガポール土産の定番です。マンゴーやパパイヤ、ライチ、キウイなど南国らしいフルーツがそろっていますので、好きなものを買って帰ってください。

また、小腹がすいたときにもローカロリーなのでおすすめです。スーパーなどでたくさん売っているので、まとめて買ってしまいましょう。

マーライオン型の食べ物

最後に紹介するおみやげは定番中の定番、「マーライオン型の食べ物」です。マーライオンはシンガポールを象徴する建造物であり、一度は訪れるスポットです。

マーライオンを見ればすぐシンガポールを連想するので、おみやげに最適です。また、高島屋には、ケースがマーライオン型になったゴーフルも販売されています。

マーライオン型のお菓子にはクッキーやチョコレートなど配りやすいものが多いので、自分の気に入ったものを選んでください。

空港で買うと高いので、ショッピングモールやスーパーで買っておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

ここまで食べ物系のシンガポールのおみやげについて紹介しました。おみやげがないように思えますが、探せばいくらかありますので、買って帰ってくださいね。

関連記事