海外旅行をより楽しむためのヒント

シンガポールのお土産におすすめの紅茶

シンガポールのおみやげは数が少ないことで有名です。直前になって困らないように、何を買って帰ろうかあらかじめ考えておく必要があります。

今回は、おみやげの中でも紅茶のおみやげを紹介します。

TWG teaの紅茶

一つ目は「TWG teaの紅茶」です。TWGとはシンガポールで誕生した高級ブランド紅茶であり、世界中のホテルで使用されています。

フルーツやスパイス、花などをブレンドして作られたフレーバーは定番からオリジナルまで幅広くそろっています。結構高いので、バラ売りのものをおみやげにするのをおすすめします。

缶や袋のデザインがかわいく、女子受けするのはもちろん、店内も黄色を貴重としたかわいい雰囲気になっているので、ぜひ立ち寄ってください。シンガポールにはTWG teaのカフェもありますので、現地で楽しみたい方はそちらも訪ねてください。

スポンサーリンク

グリフォン(GRYPHON)の紅茶

次に紹介するおみやげは「グリフォン(GRYPHON)の紅茶」です。紅茶というと前述のTWG teaが有名ですが、グリフォンはスーパーで販売されており、現地の人に親しまれている紅茶になっています。

1箱20シンガポールドル程度で購入できます。ネーミングがすてきで、「東洋のパール」など想像が膨らみます。また、パッケージやサシェが上品なデザインで、おみやげにもぴったりです。フレーバーも独創的なものが多いので、色々買ってためしてみてください。

ラッフルズホテルの紅茶

ラッフルズホテルで販売されている紅茶も、人気の高い商品です。ラッフルズホテルのロングバーで提供されるシンガポールスリング風の「シンガポールスリングティー」は、ここでしか買えないのでおすすめです。

パッケージにラッフルズホテルが描かれているため、旅のおみやげにもぴったりです。茶葉での販売も多いため、紅茶にこだわりがある人に適しているブランドです。

スポンサーリンク

ザ1872 クリッパーティー

最後に紹介するおみやげは「ザ1872 クリッパーティー」です。シンガポールブランドで、直営店もシンガポールのみという点が特徴です。

日本で購入しづらいということから、買って帰りたい欲が高まります。値段が安いことが特徴で、一箱14シンガポールドルほどです。リボンをかけてくれるので、大切な人へのおみやげにもぴったりです。

ここまでシンガポールの紅茶のおみやげについて紹介しました。紅茶は軽くて持ち運びやすいので、おみやげで荷物を重くしたくない人にはおすすめです。

また、個別包装のものを3つほどまとめて配れば立派なおみやげになりますので、コストパフォーマンスにすぐれています。シンガポールの旅行した際はぜひ紅茶を買って帰ってください。

関連記事