海外旅行をより楽しむためのヒント

タイ料理が苦手な日本人におすすめのタイ料理

タイには行ってみたい!でも、タイ料理は苦手だから食べ物に困りそう・・・と思っている人はいないでしょうか。

パクチーの流行もあり、パクチーが使われていることの多いタイ料理も、日本では人気がありますが、辛いのが苦手だったり、パクチーが苦手だったりする日本人は少なくないですよね。

ここではそんな方でも、タイ旅行で楽しめるタイ料理を紹介します。

パッタイ(タイ風焼きそば)

食べやすいタイ料理の代表格といえば、パッタイでしょう。しかも、タイ料理のレストランなら、どこでも食べることができます。

タイ風焼きそばといったようなものですが、麺は平たく太い米麺が使われているので、日本の焼きそばとは異なります。エビやもやしが入っていることが多いですが、パクチーはありませんし、辛くもありません。タイ料理初心者の方にはとてもおすすめです。

トムカーガイ(鶏肉のココナッツミルクスープ)

タイのスープといえば、トムヤムクンが大人気ですが、トムヤムクンは辛すぎて食べれないという人もいるでしょう。そんな人におすすめなのが、トムカーガイという、ココナッツミルクのスープです。

ココナッツミルクが入っているだけあって、味はマイルドで、辛味は多少あるのですが、びっくりするほど辛くはありません。店によって辛味の度合いは違いますが、入っている唐辛子さえ食べなければ、大丈夫でしょう。

具には鶏肉ときのこは必ず入っています。

カオソーイ(ココナッツミルク入りカレーラーメン)

パクチーはダメでもカレー的なスパイスは好きだという人におすすめなのが、カオソーイです。タイではチェンマイでよく食べられていますが、バンコクでも食べられるところはあります。

こちらもココナッツミルクが入っているため、味はかなりマイルドです。パクチーが苦手なら、パクチーを入れないでもらえるように頼んでみましょう。上に添えられることがあります。

ゲーン・マッサマン(マッサマンカレー)

タイのカレーは美味しいけど、辛くて量は食べれない・・・とお悩みの方におすすめなのが、マッサマンカレーです。

大人気のグリーンカレーは、日本で食べると辛味を控えめにしている店が多いのですが、現地で食べるとかなり辛いものが多いのです。しかし、マッサマンカレーなら、ほのかに辛いという程度の辛さなので、日本のカレーの中辛が食べれる方なら、美味しくいただけます。ココナッツミルクやピーナッツが使われているので、香り高くマイルドです。

しかし、実はこのカレーはタイ南部で食べられているカレーで、他の地域のタイ人には馴染みがなかったりします。バンコクでは食べられるので、ぜひ食べてみてください。

パクチーや辛いものが苦手だということを伝えましょう

この他にも、タイ料理には、パクチーや辛いものが苦手な人でも楽しめる料理がちゃんと存在しています。レストランに行った時などは、パクチーや辛いものが苦手だということを伝えれば、それ以外のオススメ料理を紹介してもらえるので、店員さんに相談してみましょう。

関連記事