海外旅行をより楽しむためのヒント

旅行する前にチェック!タイ旅行の予算と物価について

海外旅行をするときに気にしておかなければならないことの1つに、旅行の予算や現地の物価がありますよね。

タイは日本よりは物価が安いのですが、年々物価が上昇傾向にあるため、思っていたより高かった・・・なんてこともざらにあります。

ここでは、タイ旅行の予算と現地の物価について考えてみましょう。

タイ旅行の予算ってどのくらい?

まずはタイ旅行の予算目安からお話していきます。

ツアーでバンコク4日間というよくあるプランなら、安いときで5万円弱からあります。航空券とホテルがセットになっていて、食事代や現地での移動費は別というプランですが、これなら、総額7万円くらいでバンコクに行けます。

自分で手配する場合、航空券はLCCなら往復30,000円から、普通の航空会社なら、直行便が50,000円台から、乗り継ぎ便なら40,000円弱からあります。連休や夏休み・冬休みの時期には、もう少し高くなります。

ホテルは中級クラスのホテルが1泊3,000円位から、ゲストハウスだと、ドミトリーで数百円、個室なら1,000円位からあります。5つ星ホテルでも、1万円台からあるので、日本に比べるとずっと安いですよね。

スポンサーリンク

タイの物価について

航空券やホテルなど、旅の予算を大幅に占めるものは、旅をする前から金額がわかりますが、現地でどのくらい使うかというところは、ピンときませんよね。

タイの物価は物にもよりますが、日本の5分の1から、3分の1程度です。例えば、ペットボトルの水は、タイのメーカーのものなら、日本円で20円位で手に入ります。ビールなども安く、缶ビールが100円位です。

外食費も日本に比べるとずっと安くなります。デパートのフードコートなら、1食300円あればおなかいっぱいです。レストランだと、観光客が多いところは少々お高めになりますが、ローカルの人も行くようなお店なら、500円位から食べられます。

街中にコンビニやちょっとしたスーパーがあるので、宿泊施設で電子レンジなどが使える場合は、そういったところで食料を調達して節約可能です。

マクドナルドやスターバックスなど、海外のチェーンはタイでは高く感じます。こういったチェーン店は世界中であまり値段に差がないのです。ですから、物価の安い国では、高級に感じてしまいます。

観光施設の入場料は高めで、場所によっては1000円を越すようなものもあります。これは、事前に確認して、入場料が高いところには行かないという手もあります。

タイで大人気のマッサージはお店によってかなり値段に幅があるのですが、2時間のマッサージで1000円位というのがよくある相場でしょう。

公共交通機関だと、バンコク市内の地下鉄や電車が50円位から、タクシーの初乗りは100円台からです。

バスや地下鉄のように、金額が決まっている場合はローカルの人と同じ値段で乗れますが、タクシーやトゥクトゥクはふっかけられることもあるので、乗る前に事前に交渉しておきましょう。

スポンサーリンク

節約したい人はローカル物価を

タイ旅行では、ローカルの人も利用するようなサービス・お店を使えば、ローカルの物価が適用され、観光客が多く訪れる所に行くと、観光客の値段になってしまいます。節約をしたい人は、ローカルの人と同じような行動をするといいでしょう。

関連記事