海外旅行をより楽しむためのヒント

料理がまずいことで有名なイギリスで料理を楽しむ方法

イギリスと言えば、食べ物が美味しくないということでよく知られています。そして、外食は高いんですよね。高いのに、美味しくないなんて旅行の楽しみも半減してしまいそうです。しかし、イギリスでもちゃんと料理を楽しむ方法はあるのです。

イギリス料理って本当に美味しくないの?

「まずい」とよく言われているイギリス料理ですが、実際はどうかというと、まずいというよりは火を通しすぎなのです。野菜やパスタを茹でさせると、茹ですぎでふにゃふにゃになっています。

また、味付けについては、味がないか、塩がきつすぎるかのどちらかのようです。前者であることが多いのではないでしょうか。こういうと、美味しくなさそうに感じるかもしれませんが、これは一般家庭でのこと。料理上手ではないイギリス人の手料理を食べると、こんなものに出会うこともあるかもしれません。

日曜日はパブでロースト料理を

日曜日には、Sunday Roastという表記を掲げているパブが多く存在します。このサンデーローストとは、ローストされた肉と野菜・ポテト・パイなどにグレービーソースというソースをかけて食べる料理のことです。

イギリスの伝統料理で、これぞイギリス!という味を味わいたい方は外せません!お肉には、ビーフだけではなく、ポーク、チキン、ラムなどバリュエーションもあります。

日曜のランチにはパブのテラス席で、ビールを飲みながらサンデーローストを楽しむなんていかがでしょうか。量が多いので、少食な方は友達とシェアしてもいいかもしれません。

フィッシュ・アンド・チップスはストリートフード

イギリス料理といえば、フィッシュ・アンド・チップスというイメージがある人は多いでしょう。これを、グルメな料理だと思っていると、がっかりさせられるかもしれません。

イギリスのフィッシュ・アンド・チップスは、ファストフード感覚で食べるようなものです。パブでもよく出されていますが、持ち帰りで頼み、塩とモルトビネガーをこれでもかとかけてから、公園で食べたり、ホテルに持ち帰ってから楽しみましょう。

イギリスは島国なので、お魚は新鮮で、お店によっては本当に美味しい魚を提供していたりします。そういった情報は、ローカルの人に訊くと確実です。

フィッシュ・アンド・チップスは、ビールにも合うので、パブで食べてもいいのですが、モルトビネガーを出してくれないパブは避けたいところ。このモルトビネガーがフライをさっぱりさせてくれるので、必須アイテムです。日本的に言うなら、唐揚げにポン酢をかけているような感じでしょうか。

パイ系の料理はバリュエーション豊か

イギリス料理といえば、パイ料理も有名です。ミートパイ、フィッシュパイ共に、様々な種類があります。火を通しすぎがちなイギリス料理ですが、パイ料理は火が十分に通っていても問題なく、美味しくいただけます。

イギリス料理にパイ料理のイメージがない人も多いのではないでしょうか。

イングリッシュブレックファストは一度は経験を

最後はイングリッシュブレックファストです。これは、B&Bやホテルなどの宿泊施設の朝食でも出てくることもありますし、パブにも置いてあることがあります。

内容は、豆のトマト煮込み、卵料理、トマト、マッシュルーム、ベーコン、ソーセージなどがよくあるメニューで、かなりボリューミーです。イギリスでは、ブランチとして食べられることが多いようです。ベーコンなんかの塩気が気になるときは、トーストや卵と一緒に食べましょう。意外といけます。ただ、ちょっと朝からこのボリュームは重すぎるかもしれません。

まとめ

食が楽しめないというイメージのあるイギリスですが、案外そんなこともありません。

ただし、全体的にボリューミーではあるので、胃が疲れたときには、日本食レストランやサラダが売ってあるカフェなどで、胃を休めるといいでしょう。

関連記事