海外旅行をより楽しむためのヒント

ロミオとジュリエットの街ヴェローナ

イタリア、ヴェネト州に位置するヴェローナは、シェークスピアの代表作「ロミオとジュリエット」の舞台となった町です。

その所以とも言える、古代ローマ時代の歴史的価値の高い建造物の数々が残る、ロマンティックな街並みがヴェローナ最大の特徴です。

観光スポットは旧市街に密集しているため、歩いて要所を回れる便の良さも、旅行客を引き付ける一因となっています。

ここでは、そんなヴェローナで外せない観光スポットをいくつかご紹介します。

アレーナ・ディ・ヴェローナ

古代ローマ時代の円形闘技場です。ヴェローナ旧市街に入るとすぐに大きな大きなその姿を広場の中央に認めることができます。ローマのコロッセオと大きく違う点は、女性的な色使いです。ピンクを基調とした淡い、柔らかいトーンで全体が覆われています。まさにロミオとジュリエットの舞台背景にはぴったりの佇まいです。

アレーナ・ディ・ヴェローナは夏季にオペラ・フェスティバルの会場となることで有名です。毎年6月から8月の間、ほぼ毎晩オペラ公演が行われます。世界トップクラスの指揮者や歌手が一堂に会し、巨大な特設ステージから迫力満点のパフォーマンスを繰り広げます。

オーケストラと合唱も、通常の劇場では考えられないほどの大編成のため、スケールの大きなオペラの演目が好まれる傾向にあります。もちろんオペラ版「ロミオとジュリエット」の公演もあります。

ジュリエットのバルコニー

世界中の女性が一度は行ってみたいと憧れるのが、ジュリエットのバルコニーです。旧市街のショッピングストリートの一角にひっそりと存在しているため、事前によく地図で確認して、街角の要所要所にある観光案内を辿って行きましょう。

バルコニーの下に設置されているジュリエット像の乳房に触ると、恋が叶うという言い伝えが古くから残っています。そのため、若い女性の旅行客などは決まってそこで記念撮影をします。意中の相手がいる方は是非、真似してみてください。

カステル・ヴェッキオ橋

ヴェローナ旧市街をぐるりと囲むように流れるアディジェ川にかかる、カステル・ヴェッキオ橋も、是非一度足を運んでいただきたいスポットです。

おとぎ話に出てきそうな、総レンガ造りのとても美しい大きな橋です。昼間に訪れるのも良いですが、アレーナでオペラ観賞をした後に、ライトアップされて神秘的な魅力を纏ったカステル・ヴェッキオ橋を訪れるのもまたおすすめです。

旧市街やホテル群からほど近い場所に位置しているため、夜でも人通りは途絶えず、危険もありません。おいしいジェラートを片手に散策に出かけてみてください。

関連記事