海外旅行をより楽しむためのヒント

ベトナム航空のオープンジョー・途中降機を使って2都市周遊をしよう

ベトナムは南北に細長く、人気のホーチミンとハノイの間は飛行機での移動が便利です。また、主要都市からは、周辺国へのフライトもたくさんあります。

ベトナム航空を使えば、複数都市への観光も、周辺国とのセットでの観光もかなり便利にできます。

ここでは、あまり飛行機についてよく知らない方のために、ベトナム航空の便利な使い方をご紹介します。

オープンジョーを賢く使おう

最初からベトナム内では複数都市を回る予定だという場合は、日本からホーチミンに入って、ハノイから出る、またはその逆パターンで旅程を組むことをおすすめします。

こういったチケットの取り方はオープンジョーと言います。通常、飛行機のチケットを買うときには、現地到着空港も現地出発空港も同じであることがほとんどでしょう。しかし、オープンジョーという言われるタイプの航空券ですが、到着空港と出発空港が違うという取り方ができます。

選べる空港は限られているものの、効率良く回りたいというときにはとても便利です。

また、ベトナム航空ならホーチミンIN・OUTしたときと比べてもそれほど値段が変わらないのも魅力です。

途中降機を利用してベトナム+周辺国の旅をしよう

飛行機には「途中降機」というシステムもあります。これは、目的地までの乗り継ぎ便を購入したときに、乗り継ぎ地に数日滞在できるというものです。

乗り継ぎが長時間あってその国に入国するというのとは違い、元々乗り継ぎ地で滞在するような購入の仕方をします。

例えば、ホーチミン経由でタイのバンコクに行くという航空券で、ホーチミンに2、3日滞在するというようなことができます。

これを使えば、ベトナム観光もしながら、ベトナムからほど近い東南アジアの国や、ベトナム航空で安いチケットのある他の都市まで行くことができます。

何日間ベトナムにいられるかというのは、チケット購入時に確認しておきましょう。

オープンジョーや途中降機を使ったおすすめのプラン

オープンジョーを使う場合は、前述のホーチミンIN・ハノイOUTというプランが一番メジャーですし、ベトナム縦断をしたい人には便利です。

ベトナム内の移動は、別に飛行機を取りましょう。ベトナムにはベトジェットやエアアジアなどのLCCがあるので、安価で移動できます。

途中降機を使う場合は、シェムリアップ(カンボジア)+ホーチミンなんかがおすすめです。シェムリアップは、アンコールワットの観光拠点になる場所です。

その他、タイのバンコクやシンガポールなどと組み合わせるのも便利です。

関連記事